伝説の「放送事故」50年の再現VTR<歴史的な迷言篇>太田光が小倉智昭に痛烈な暴言

6月16日(日)17時57分 アサ芸プラス

 一億総監視システムのニッポンにおいて、たったひと言が命取りになることは昔も今も変わらない。つい口を滑らせたあのひと言が、運命を激変させた!

 昨年11月10日、みのもんた(74)は自身が司会を務める「みのもんたのよるバズ!」(AbemaTV)にて、衝撃の発言をした。

「僕なんか正直に思うんだけど、朝鮮半島と日本が戦争したということは事実だからね」

 すぐに、他の出演者が一斉に「してないですよ」の総ツッコミ。それでもみのは「まあでも、戦争ですよね」と納得のいかない表情で持論を展開した。近年、地上波のレギュラーは激減しているが、このままではネット番組にも影響しそうだ。

 テレビ放送史に残る迷言といえば、乱一世(69)が発したワードである。

「これからCMに入るので、トイレに行きたい人は行ってもいいですよ」

 97年8月26日、レギュラーだった「トゥナイト2」(テレ朝系)での発言だ。民放がスポンサー収入によって成り立っていることを思えば、根底を覆す禁断の言葉であった。

 このことがスポーツ紙や雑誌でも取り上げられる騒動になり、乱は番組を降板。それだけでなく、他局を含めたレギュラーが全部なくなるという苦汁を舐める。

 乱はこの数年後、当時を振り返って語った。

「言った瞬間に『まずい!』と思って、番組プロデューサーに相談に行ったんですよ。するとプロデューサーは『謝罪されると空気が重くなるから、しなくて大丈夫。乱さんが言ったことだから、シャレだってわかるよ』と言われて」

 乱の直感どおりすぐに謝罪していれば、もしかしたら2年にも及んだ「仕事ゼロの日々」は避けられたかもしれなかったのだ。

 さて、あまり知られていないが、同様の降板劇が「笑点」(日テレ系)でも起きている。78年に大喜利メンバーだった三笑亭夢乃助(70)は、前口上でこんな憎まれ口を叩いた。

「市販の風邪薬なんか効かないんだから」

 落語家の毒としてはどうということはないが、問題は「笑点」のメインスポンサーが製薬会社の「龍角散」であったことだ。当然、逆鱗に触れて夢乃助はレギュラーの座を退くこととなる。20代で大喜利メンバーに入った数少ない逸材であっただけに、たったひと言が重くのしかかった‥‥。

 問題発言の多さでは群を抜く爆笑問題太田光(54)は、年上であっても容赦はない。07年10月29日にオンエアされた「たけしの日本教育白書」(フジ系)では、小倉智昭(72)に強烈な連続弾を浴びせている。

 相方の田中裕二(54)が小倉のことを「また小倉さんも増えてるでしょ、今。番組がどんどんどんどん」と持ち上げた。ここで太田が「髪の毛が?」と痛烈なボケを。

 田中はすぐに打ち消して小倉に謝ったが、小倉は「髪の毛は便利なほうがいい」と余裕でいなす。

 これに太田が追撃して、「そうそう、便利なほうが。着脱式とかね」と2つの意味でかぶせたのだ。波乱の生放送だったが、田中のカバーや、メイン司会のビートたけし(72)の横やりで、なんとかしのいでいたが‥‥。

 ただし、エンディングでは、さすがに太田も顔を引きつらせ、大声で頭を下げていた。

「小倉さん、本当に申し訳ありませんでした!」

 ネット上でも賛否両論が飛び交ったが、小倉は終始、大人の対応でこれをスルーしている。

アサ芸プラス

「伝説」をもっと詳しく

「伝説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ