寂聴さん 嫁ぐ秘書・瀬尾まなほさんに教えた夫婦円満の秘訣

6月16日(日)6時0分 女性自身

瀬戸内寂聴さん(97)の66歳年下の秘書・瀬尾まなほさん(31)が、5月15日に入籍し、6月8日に京都市内で披露宴を行った。



本誌は、披露宴の数日前に2人の“結婚記念対談”を取材していた。瀬尾さんのお相手は関西在住の年下の男性。交際期間は1年ほどだという。



披露宴前日には、瀬尾さんの2冊目のエッセイ『寂聴先生、ありがとう!』(朝日新聞出版)が発売。出席者には“引き出物”としてプレゼントされた。その帯には《私、ついに結婚します!》というキャッチが入っている。



寂聴「《結婚します!》って文字が私の写真にかかっているけど、私が結婚するって勘違いする人もいるんじゃないかしら?」



まなほ「ありえません! そんなこと考える人誰もいませんよ(笑)」



寂聴「はいはい(笑)。これからは主婦兼秘書兼作家ということになるけど、彼は家事も手伝ってくれるの?」



まなほ「1カ月ほど前からいっしょに暮らし始めていて、掃除と洗濯は分担してくれています。料理はもっぱら私の担当です」



寂聴「えっ、彼はあなたの作ったご飯を食べてくれるの?」



まなほ「いつも『おいしい』って言ってくれます」



寂聴「へぇ、信じられない(笑)」



まなほ「いつもそんなこと言ってからかいますよね」



まなほさんが寂庵にやってきてから8年。“嫁ぐ愛弟子”に寂聴さんがアドバイスを——。



寂聴「私はこんなに長生きして、いろいろなご夫婦を見てきましたけれど、うまくいっている夫婦というのは、お互いにユーモアがある夫婦ね。自分が笑ったときに相手が笑わなかったらつまらないじゃない。いまの世の中は暗いし、人生だっていいときばかりは続かない。夫婦でいっしょに笑えなければやっていけません」



まなほ「私も、ずっと笑いあえる夫婦でいたいです」



寂聴「夫婦円満のためにもう一つ必要なのは『許すこと』。『愛』とは『許す』ことなの。完全な人間なんていません。みんな許されて生きている。自分が許されている分、相手も許さないとね」



まなほ「……頑張ります」



寂聴「ケンカをしたときは、どちらが先に謝るの?」



まなほ「いまは彼ですね。私はけっこうずっと怒っているほうなので。でも努力して許せるようになります!」



寂聴「笑うことと許すことを忘れなければ、きっと幸せになれます!」

女性自身

「秘書」をもっと詳しく

「秘書」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ