『東京タワー』喜美子から耕二への“最後の優しさ”にネット感動 「そこのアンタ!」も話題に

2024年6月16日(日)11時37分 マイナビニュース

King & Princeの永瀬廉が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『東京タワー』(毎週土曜23:00〜)最終回1時間スペシャルが15日に放送され、SNSでは、松田元太演じる耕二とMEGUMI演じる喜美子の恋の結末が話題を呼んでいる。
○■直木賞作家・江國香織氏の恋愛小説を実写ドラマ化
2005年に黒木瞳×岡田准一で映画化された、直木賞作家・江國香織氏の恋愛小説を連ドラ化。永瀬演じる21歳の青年・小島透と、20歳以上年の離れた人妻・浅野詩史(板谷由夏)の美しくも許されない愛、その儚く甘美な世界を、現代の東京の最旬スポットを舞台に、令和という新しい時代ならではのストーリーとキャラクターで大胆に描き出す。透&詩史とともに、松田演じる大学生・大原耕二とMEGUMI演じる孤独を抱える主婦・川野喜美子の“危うい関係性”も描かれる。これまでTVerでも全話でランキング1位を獲得し、見逃し配信総再生数は2,000万回の大台突破目前(ビデオリサーチにて算出/4月21日〜6月13日)に。最終回も、Xではドラマタイトルがトレンド1位を獲得した。
○■耕二(松田元太)と喜美子(MEGUMI)の禁断の恋の結末
最終回では、耕二と喜美子の恋に決着が。喜美子のバイト先を訪れた耕二は「出会わなければ良かったなんて言わないでよ。俺は喜美子さんが好き」と思いを伝えるが、「どうしてそんなこと言うの? 私ははあなたに人生めちゃくちゃにされたのよ」「全部耕二くんのせいよ」「あなたに出会わなければ、こんなことにならなかった」と拒絶。耕二は喜美子を抱きしめ、涙ながらにキスするが、突き飛ばされてしまう。その後も喜美子は、会いに行た耕二を完全に無視する。
耕二は、大学で透に相談。「捨てるはずが捨てられた。どうすれば諦められるのかな」と落ち込みながらも、「俺喜美子さんのスーパーでバイト始めようかな」とつぶやいていると……「そこのアンタ!」と呼びかける声が。その声の主は喜美子だった。大学に乗り込んできた喜美子は、耕二にビンタし、「人妻に手を出してボロボロにした罰! あんた自分がやったこと分かってるの? 大学生の分際で年上の女に手、出して。その顔で大事にするって言われたら、簡単に落ちるに決まってるじゃない!」「おばさんの心もてあそばないでよ!」「40代の女の人生背負えるの? 背負えないでしょ?」「二度と人妻に手出すんじゃないよ、甘ったれのガキが!」とまくしたて、青い袋を投げつけて去る。
耕二が袋を開くと、かつて喜美子にプレゼントしたピンクのマニキュアが。耕二は、「全部、全部好きだった」と心の中で愛の言葉を反芻しながらも、「もうあんたみたいなおばさんこりごりだよ!」「ニ度と人妻には手を出さない。誰かを傷つける恋愛もしない。約束する!」と喜美子の背中に向かって叫ぶ。耕二と喜美子はそれぞれ、涙しながらもスッキリした笑顔を見せるのだった。耕二はマニキュアを見て「使いすぎだろ……」と愛おしそうにつぶやく。そして透は、「きっとこれは喜美子さんなりの優しさだ。耕二に思いを断ち切らせるための“最後の優しさ”。そして耕二は、その想いに応えたんだ」と二人の決断を見届けた。
○■SNSでは「最後の優しさに大号泣」の声
この恋の結末に、SNSでは「耕二が喜美子さんの最後の優しさを受け入れた覚悟の表情、グッときた」「喜美子さんの最後の優しさで大号泣」「自分を好きだと言う耕二に対する喜美子さんの愛であり優しさ。かっけえな」と、喜美子の“優しさ”に感動する声が続出。「耕二と喜美子さんの別れ方は2人にぴったりな激しさがあって、それでいて優しくて良かった」と、今作で激しい恋愛パートを担った二人らしい結末だったとの声も。
そして、大学に乗り込んできた喜美子の第一声「そこのアンタ!」も話題に。「そこのアンタ! はおもろい笑」「そこのアンタって一生言う事ないよね」「そこのアンタ! はドラマすぎるw」「喜美子さん登場の仕方びっくりした」「違うドラマ始まったかとおもった」との声が上がり、視聴者にとって忘れられないシーンになりそうだ。
現在、最終回1時間スペシャルはTVerで配信中。
【編集部MEMO】
「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない」「一緒に暮らそう」——小島透(永瀬廉)の前に現れた浅野詩史(板谷由夏)。透はもう二度と離れたくない焦りから、「必ず実現するから待ってて」と懇願する。その頃、詩史の夫の浅野英雄(甲本雅裕)は透の母・陽子(YOU)のもとを訪れ、透と詩史の関係を暴いていた。衝撃の事実を確信した陽子は帰宅した透を問いただすが、逆上した透から「散々好き勝手に生きてきた人に言われたくない」と言い返されてしまう。一方、もう一度川野喜美子(MEGUMI)に会いたいと、決死の思いで居場所を突き止めた大原耕二(松田元太)。困惑する喜美子を前に、「俺は喜美子さんが好きだ」と告白し、キスを迫る。荷物をまとめ、家を出た透は、「しばらく泊めてほしい」と耕二のアパートへ。詩史との生活のために医学部を中退し、就職しようと勢いづく透に驚く耕二。しかし“好きな人と一緒にいたい”という思いは2人とも同じで、まさに人生の岐路に立たされていることを実感するのだった。やがて大切な人を奪われたことに苛立ちと苦悩を見せる陽子と浅野は、ある驚きべき行動に……。透と詩史、耕二と喜美子、それぞれが下す決断とは。

マイナビニュース

「恋愛小説」をもっと詳しく

タグ

「恋愛小説」のニュース

「恋愛小説」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ