武井壮、海外進出の第一歩として出演したタイ映画のメイキング映像を公開「最高。楽しいっすね」

2024年6月16日(日)18時3分 オリコン

タイ映画『TA BONG PLUM(タ ボン プラム)』に出演した武井壮(右)

写真を拡大

 タレントの武井壮が、自身のYouTubeチャンネル「武井壮 百獣の王国」に、海外進出の一環として出演したタイ映画『TA BONG PLUM(タ ボン プラム)』のメイキング映像を公開した。

 同映画は、ムカデのモンスターが出てくるホラーアクション映画『100(ONE HUNDRED)』の続編で、武井は日本兵「タケシ」役で出演している。

 撮影地はバンコクから車で5時間ほど行ったところにあるカンチャナブリから、さらにジープなどで山に入った山岳地帯の洞窟の中。武井が「ディズニーランドみたい」という、ジャングルのような森の中を抜け、狭いジープに揺られながら洞窟に突入していく。

 40度を超える気温の中、冬物の軍服で長時間待機するなど、かなり過酷な環境の中での撮影だったが、武井は「最高。楽しいっすね」と笑顔。武井は「まだ俺のこと知らない人が見てくれるってことに夢がつまってる。最初は誰も知らないところからスタートする、ゼロからイチっていうのは得意技。日本ではありがたいことにゼロからの挑戦というのはなくなってきたけど、50歳からはもう一回人生をゼロからだっていう気持ちで世界にチャレンジするってきめていたので。皆さんのおかげでこういう一歩が踏み出せて最高です」とジープに揺られながら語っている。

 また、レゴを使って監督らとアクションのシミュレーションをする風景など、タイならではの撮影風景も垣間見ることができる。タイ国内では今年11月に公開予定(日本での公開は未定)。来週23日午後6時にもメイキング映像の続きを同チャンネルで公開する予定。

オリコン

「映画」をもっと詳しく

「映画」のニュース

「映画」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ