まんぷくフーフー松丸ほるもん、体重120kgの夫が救急車で搬送「原因はハッキリとは言えない」

6月17日(月)12時35分 AbemaTIMES

 お笑いコンビ・まんぷくフーフーの松丸ほるもんが16日に自身のアメブロを更新。夫で相方のマービンJrが救急車で搬送されたことを明かした。

 前日に飲みで終電を逃した松丸が始発で帰宅したところ、マービンJrがベッドの上に座っていたといい、「あれ?起きてたの?」と尋ねたところ、「やばい頭痛い…」と訴えたという。マービンJrについて「普段ほとんど風邪とか引かないけど、定期的に大きめの風邪をひく」といい、「珍しいけど、風邪だろうな」と最初は楽観視していたという。

 しかし、しばらくして「頭痛ぇ…なんか吐き気もするんだけど…」と訴えられたといい、松丸は「つい二ヶ月前ほど、後輩がくも膜下になりました。急にバットで殴られたような頭痛と嘔吐だったと。即救急車で運ばれたと。それがよぎりました」と説明。朝の6時に顔面蒼白になっているマービンJrを見て「やばいなら救急車呼ぼうか?」と提案したと明かした。

 マービンJrからも「呼ぼうかな…」という返事があったとするも、「"救急車は大げさなんじゃない?" ってのと、"でももしもこれが大きい病院だったら…"が頭で交差して、結局初めて119に連絡しました」と回想。その後、救急車は5分ほどで到着したといい、「うちは4階でエレベーターなし。じゅんちゃんは120キロ。幸い嘔吐はまだなく、なんとか自分の足で下までいって救急車に乗り込む」とその時の様子についてつづった。

 「もう大丈夫と落ち着いている反面、まだ安心できないどうしよう、と気が気げはありませんでした」(原文ママ)という松丸だったが、近くの病院での検査の結果、「MRIの結果も特に何も見つからず、痛み止めの点滴を打ってもらうことになり」と大事ではなかった様子。徐々に回復した様子をみせ「写メ撮って」と自ら言い出したといい、点滴を受けるマービンJrの様子も公開した。

 マービンJrは同日のアルバイトについても「大丈夫。いくわ」と述べたといい、松丸も「こんだけ心配かけといてバイトいくは無いよ。普通はね?!!」とコメント。「その後 家に帰って、じゅんちゃんはすぐ横になった」「でも本当に、、、何もなくてよかった」と安堵した様子をみせた。「結局、頭痛の原因はハッキリとは言えないそうで、大きな病気ではないだろうとのことで、痛み止めで様子を見ることになりました」と説明し、「そして結局昼過ぎに、彼はアルバイトへ行きました」とつづった。

 この投稿に「ひゃーーー!!それは生きた心地しないー!」「何はともあれ病院で診て貰い一安心ですね」「これからも体調にはお気をつけください」などのコメントが寄せられている。

▶︎AbemaTVニュースチャンネルでは24時間最新情報をお届け

AbemaTIMES

「まんぷく」をもっと詳しく

「まんぷく」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ