お父さん共感必至!? 父の日に贈る『インクレディブル・ファミリー』3つのポイント

6月17日(日)9時30分 シネマカフェ

『インクレディブル・ファミリー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 

写真を拡大

アカデミー賞2部門に輝き、世界中の観客を魅了した『Mr.インクレディブル』の待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』は、ヒーロー家族が世界の危機を救う戦いに挑む姿を描く一方で、「家事」と「育児」に奮闘するパパ、ボブの奮闘する姿も印象的。そこで、6月17日(日)の「父の日」にちなみ、本作から全ての頑張るお父さん共感必至な3つのポイントをご紹介します!

ママのヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動することになり、ボブは1人で3人の子どもの面倒を見ることに。慣れない家事と育児に疲弊していくボブの姿は、子育てを経験した全てのお父さんは共感すること間違いなしなんです。




■共感ポイントその1:思春期な長女ヴァイオレットに大苦戦!?
まず注目なのが、長女のヴァイオレット。前作では憧れの青年トニーと少し良い仲になったのだが、どうやら本作でまた一波乱起こってしまう模様…。それもあってか、ヒーロースーツをシンクに流そうとしたり、壁に投げつけたり。長男のダッシュの「お姉ちゃん思春期なの?」という問いには、返す言葉もないボブ。自慢の腕力では解決できない、思春期な乙女に大苦戦だ。

■共感ポイントその2:長男ダッシュの宿題にピンチ!
続いては、長男ダッシュの宿題。学年によって教える範囲や表現が変わっていたりすることは、現実世界でもよくあること。どうやらボブたちの世界でもそれは同じ。息子の宿題で使われている数学の“解き方”をボブは知らなかったようで、息子にそれを指摘されて声を荒げるなど、相当ストレスが溜まっている様子…。

■共感ポイントその3:最強末っ子、ジャック・ジャックにヘトヘト…
そして、ボブをヘトヘトにさせる最大の理由が、末っ子ジャック・ジャック。前作で家族の知らないところではスーパーパワーを発動していたが、本作では本格的に家族の前でその絶大なスーパーパワーを披露! 目からビームを放ち、全身から炎を放ち、時々鬼のようになったかと思えば、姿を消して異次元を浮遊…。神出鬼没で予測不能、最強なジャック・ジャックにパパとしてどう立ち向かうのか?


仕事は出来ても、家庭の問題となると頭を抱えたくなるお父さんも少なくないはず。“パパ”ボブが直面する数々の問題は、そんな世の頑張るお父さんたち共感必至だ。

『インクレディブル・ファミリー』は8月1日(水)より全国にて公開。

シネマカフェ

「父の日」をもっと詳しく

「父の日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ