第1位は『メン・イン・ブラック:インターナショナル』先週公開映画 初週予約アクセスランキングTOP5(6月第3週)

6月17日(月)19時29分 映画ランドNEWS

映画ランド 予約アクセスランキング


国内最大級の映画チケット予約サービス「映画ランド」は、サービス内のデータに基づいた2019年6月第3週公開作品の週末における「予約アクセスランキングTOP5」を発表しました。


ランキング


第1位:『メン・イン・ブラック:インターナショナル』39.1%


メン・イン・ブラック
(C)2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

シリーズ最新作。ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)。チームを組むのは、『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』シリーズで知られるクリス・ヘムズワース(エージェントH役)と、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』出演のテッサ・トンプソン(新人エージェントM役)。また、MIBのロンドンオフィスのエージェント役で『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンが出演するほか、エマ・トンプソン、レベッカ・ファーガソンらが共演。監督を『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイが務める。


※『メン・イン・ブラック:インターナショナル』を観た人の感想

「過去シリーズ観てなかったけど、特に問題なく楽しめました。良いコンビネーションで、また組んで活躍して欲しいです。 もちろんポーニィも!」「相変わらず銃とか車とか色々わくわくするアイテムが出てきて楽しかったです!」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)



第2位:『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』21.2%


青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
(C)2018 鴨志田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

鴨志田一原作のライトノベル「青春ブタ野郎」シリーズ初の劇場版。藤沢に暮らす高校2年生の梓川咲太の前にある日突然、初恋の相手である牧之原翔子(水瀬いのり)が現れる。しかも翔子はなぜか「中学生」と「大人」の2人が存在していた。声優は、石川界人、戸麻沙美、水瀬いのりらが務める。


※『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』を観た人の感想

「時間軸を交差させながら描く構成の妙!それぞれが互いを思う故の行動原理が切なくも心暖まる。」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)



第3位:『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』11.9%


ガールズ&パンツァー
(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

2013年にテレビシリーズが放送、2015年には劇場版が公開され人気を誇った。最終章第2話では、第1話から続くBC自由学園との戦いに決着が着く。果たしてどちらが勝利を手にするのか。 大洗女子学園のみでなく、黒森峰女学園やプラウダ高校など、気になる他校の戦いの様子が描かれる。


※『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』を観た人の感想

「大洗側の描写に重きを置いた第1話からの、対戦相手チームキャラを軸に描いた第2話。マリー様かわいい。桃ちゃん結構苦労人。福田は頭いいよねー。などなど。それぞれのチームにそれぞれの戦車道。戦車の性能を活かした各チーム独自の作戦と、それを逆手にとって上回る西住のえげつない作戦も見どころ。」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)



第4位:『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム』8.0%


うたプリ


2010年に発売された恋愛ゲームを原作に、11年から16年放送された人気テレビアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」を映画化。作曲家志望の少女・七海春歌がアーティストを育成する芸能専門学校「早乙女学園」に入学し、さまざまなアイドル志望の男子との学園生活を描く。


※『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム』を観た人の感想

「彼らが現在までに積み重ねてきたアイドルとしてのスキルが全部詰まってます。こうやって踊って、歌ってライブするんだ!って姿が…今まで見たくて見たくて、でも見られなかった姿がみられます!初期からのファンには今までのゲーム、アニメはここに至るまでのドキュメンタリーだった…そう思えます。過去から現在まで積み重ねてきた結果が詰まってて、最高の仕上がりです!! 」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)



第5位:『ウィーアーリトルゾンビーズ』6.4%


ウィーアーリトルゾンビーズ『そうして私たちはプールに金魚を、』の長久允監督が描く少年少女たちの青春群像劇。まるでゾンビのように感情を失った少年少女たち。音楽バンド“LITTLE ZOMBIES”を結成した彼らは、やがて予想もしない運命に翻弄されていく。


※『ウィーアーリトルゾンビーズ』を観た人の感想

「音楽、映像、ブラック&コミカルだけど切ないストーリーと、全て衝撃的!言葉で説明できない、観ないと分からない素晴らしさです。」「ブラックユーモアな内容だけど非常に良い」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)



【映画ランド 初週予約アクセスランキング

2019年6月第3週に公開された映画を対象に、チケット予約開始日から2019年6月16日(日)までの予約アクセス数(※1)を集計し、予約アクセスの割合(※2)が高い作品から順に「映画ランド 週末予約アクセスランキング」として算出したものです。

※1:予約アクセス数とは、映画ランドアプリにて上映時間から各劇場サイトにアクセスした回数です。

※2:予約アクセス割合とは、2019年6月第3週に公開された各作品の予約アクセス数を、同時期に公開された全作品の予約アクセス数の合計で割った数値です。

・本ランキングは2019年6月第3週公開の全作品を対象としたものです。

・リバイバル上映作品は本ランキングの対象外です。


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「予約」をもっと詳しく

「予約」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ