20年大河『麒麟がくる』に木村文乃・檀れい・片岡愛之助ら 新出演者11人発表

6月17日(月)12時50分 マイナビニュース

俳優の長谷川博己が主演を務める2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の新たな出演者発表会見が17日、東京・渋谷の同局で行われ、木村文乃南果歩、村田雄浩、徳重聡片岡愛之助、檀れい、佐々木蔵之介、滝藤賢一、谷原章介、眞島秀和、吉田鋼太郎の出演が明らかになった。

大河ドラマ第59作となる『麒麟がくる』は、戦国初期の戦乱の中、各地の英傑が天下を狙う一大叙事詩。大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀(長谷川)を主役とし、その謎めいた前半生に光を当てながら、彼の生涯を中心に戦国英傑たちの運命の行く末を描く。

木村は光秀の正室・煕子(ひろこ)、南は守護代・斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)、村田は美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣の一人、稲葉良通/一鉄、徳重は明智家に仕える家臣・藤田伝吾、片岡は“海道一の弓取り”の異名を持ち強大な軍事力を持つ有力戦国大名・今川義元を演じる。

檀は織田信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母・土田御前、佐々木はのちの豊臣秀吉・藤吉郎、滝藤は13代将軍足利義輝の弟・足利義昭、谷原は室町幕府末期の幕臣・三淵藤英、眞島は光秀の生涯の盟友・細川藤孝/幽斎、吉田は主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将・松永久秀に決定した。

また、語りを市川海老蔵が担当することも発表された。

マイナビニュース

「麒麟がくる」をもっと詳しく

「麒麟がくる」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ