櫻坂46、東京ドームで見せた“暗闇と静寂” 山下瞳月センター「静寂の暴力」ステージが話題「すごすぎる」「鳥肌立った」【櫻坂46 IN東京ドーム】

2024年6月17日(月)0時3分 モデルプレス

山下瞳月「4th ARENA TOUR 2024 新・櫻前線 -Go on back?- IN 東京ドーム」撮影:上山陽介

写真を拡大

【モデルプレス=2024/06/17】櫻坂46が15日・16日の2日間、東京ドームにて「4th ARENA TOUR 2024 新・櫻前線 Go on back? IN 東京ドーム」を開催。山下瞳月がセンターを務める三期生楽曲「静寂の暴力」のパフォーマンスが話題を呼んでいる。
◆櫻坂46三期生「静寂の暴力」披露 東京ドームが暗闇&静寂に
BACKSメンバーによる楽曲「油を注せ!」で会場が赤のサイリウムに染まった後、披露されたのが三期生楽曲「静寂の暴力」。センターの山下の登場とともに東京ドームのライティング、そして客席のサイリウムが一斉に消えると、5万5千人を動員した大きな会場は“暗闇”に包まれた。
その後「静寂という名の音が存在する」「ここには、音も光もない」「あるのは、静寂」というワードが表示されると、ほかのメンバーもステージへ。物音1つしない“静寂”の中「暗闇に吸い込まれるように全て無になる」という言葉とともに息の揃ったダンスパフォーマンスが始まり、観客を大いに惹きつけたまま歌唱へと繋げた。
◆櫻坂46「静寂の暴力」パフォーマンスに反響
東京ドームが静寂と暗闇に包まれた同パフォーマンスは、ネット上でも大きな話題に。16日に配信で見ていたファンからは「東京ドームが静寂になるってすごすぎる」「圧巻だった」「普段は聞こえないメンバーの動きとか足音まで聞こえてきて驚いた」「鳥肌立った」といった声が寄せられている。
◆櫻坂46、2度目の東京ドーム公演開催
櫻坂46として東京ドームのステージに立つのは、2022年11月8日・9日に開催した「2nd TOUR“As you know?”TOUR FINAL at 東京ドーム」以来2度目(欅坂46としては2019年9月18日・19日に実施)。三期生にとっては、初の東京ドーム公演となった。
楽曲は各日全24曲、2日間で48曲を披露し、新曲「自業自得」はファンの前で初披露に。また、15日のアンコールでは、BACKSメンバーによる「BACKS LIVE!!」の開催を発表、16日のアンコールでは「4th YEAR ANNIVERSARY LIVE」(千葉県・ZOZOマリンスタジアム)の開催を発表した。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「東京ドーム」をもっと詳しく

「東京ドーム」のニュース

「東京ドーム」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ