DC『ザ・スーサイド・スクワッド』上映時間が判明 ─ ジェームズ・ガン監督が明かす

6月17日(木)12時19分 THE RIVER

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンDCコミックスの悪党集団を新たに映画化する、『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』。この度、本作の上映時間が明らかになった。

本作の上映時間はずばり「2時間12分」。Twitterにてガンは、この上映時間を打ち明けるとともに、「僕は自分が出来る最高の映画に仕上げるため、脚本を書き、撮影して、編集を行いました。その結果、この長さになったなったのです。誰もこんな長さになるとは思っていませんでした」と経緯を説明している。つまり、2時間12分という上映時間は、監督が完璧な作品を追い求めたゆえの結果というわけだ。

ちなみに、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは、1作目が2時間2分、2作目が2時間16分。ガンのキャリアの中で本作が特別長いわけでも、短いわけでもない。またデヴィッド・エアーによる『スーサイド・スクワッド』は2時間3分で、エクステンデッド・エディション(未公開場面の追加版)でも2時間14分である。

ガン監督史上最高傑作で、別次元と出演者から太鼓判が押される『ザ・スーサイド・スクワッド』では、ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、ブラッドスポート(イドリス・エルバ)、キング・シャーク、ポルカドットマン(テヴィッド・ダストマルチャン)、サヴァント(マイケル・ルーカー)、シンカー(ピーター・キャパルディ)、ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)ら「スーサイド・スクワッド」の面々が、刑期短縮と引き換えに“成功率ほぼ0%”の任務に挑む。首には爆弾が埋め込まれており、命令に背けば即死、任務失敗でも即死。彼らは無事に任務を達成し、生きて帰ることができるのか?

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、2021年8月13日(金)全国公開予定。


THE RIVER

「ジェームズ・ガン」をもっと詳しく

「ジェームズ・ガン」のニュース

「ジェームズ・ガン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ