「レッドカードな女」の即刻退場バトル(1)“地盤沈下”が止まらない小池百合子

6月18日(月)9時57分 アサ芸プラス

 ロシアW杯に出場するドタバタ侍ジャパンにはせめてフェアプレーを期待したい。だが、国内に目を向ければ、各界でレッドカード級のラフプレーが続出していた。有名政治家の詐欺まがいのトンズラ言動に、人気女優の突然の降板劇、ベテラン歌手の独立騒動まで‥‥。ヘタすりゃ一発退場のメーワク行為を徹底追及する。

 昨年7月、都議選での小池旋風で「都民ファーストの会」を都議会第1党に押し上げてから、わずか1年足らず、小池百合子都知事(65)の地盤沈下が止まらない。社会部デスクが現状を説明する。

「全ては、“排除”発言で大敗した昨秋衆院選の影響が尾を引いてます。今年4月の練馬区議補選でも都民ファ候補は2人とも落選。小池氏のお膝元での敗戦だけに、失速感が否めません。また、盛り土問題で大騒ぎした豊洲市場でも、結局は安全宣言を出して移転を決めた。その一方で、築地には食のテーマパークを作るなど玉虫色の併用案を打ち出したため、豊洲に建設予定の観光施設『千客万来』の運営事業を入札した万葉倶楽部の高橋弘会長は『話が違う』と激怒。最終的に小池氏が直接謝罪するハメに追い込まれた」

 まさに大山鳴動してネズミ一匹。そんな中、小池氏みずからの肝煎りで開始した政治塾「希望の塾」もひそかに閉鎖していたのだ。

「一昨年秋に立ち上げ、昨年3月までは予定どおり開講された希望の塾は、昨年秋に第2期が募集された。ところが、秋の衆院選で国政に打って出た『希望の党』が大敗し、応募者が100人も集まらなかった。その後、春まで延期すると発表があったが、HPは閉鎖。実質上の開店休業で、再開のメドは立っていない状態です」(社会部デスク)

 都政を取材するジャーナリストが打ち明ける。

「1期目は約4000人の応募があり、総額1億6881万円の収入となりました。2期生の応募者はごくわずかのようですが、実は1期生に対しても、『塾生党員』の資格を与えることを条件に、継続して会費を徴収しているのです。1期生の中から約1000人ほどが1万円の会費を支払ったようですが、結局、講義などは一切行われなかった。『小池さんには失望した。これでは“やるやる詐欺”にほかならない』と受講者は激怒している。もっとも、次の選挙で都民ファから出馬しても勝ち目はないと諦めている者が多いですが」

 受講料だけブン取ってトンズラでは、詐欺も同然。もはや「都民ワースト」に改称すべし!

 都議会でも旋風どころか逆風吹き荒れる小池氏の今後について、政治部の自民党番記者が明かす。

「小池氏は20年の東京五輪でも知事の椅子に座りたい意向だが、小池打倒に燃える都議会自民党は年内にも次の都知事候補を担ぎだす構えで、凋落著しい小池氏を一蹴できる強力な女性候補の擁立を目指しています。選挙は再来年7月予定だけに時期尚早に思えますが、もともと国政が狙いの小池氏には来年の参院選への出馬を促し、国政再チャレンジという逃げ道を与える算段です」

 都政に希望がなくなったら「自分ファースト」で打って出る!?

アサ芸プラス

「レッドカード」をもっと詳しく

「レッドカード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ