SixTONES、『ViVi』表紙で“バイブス爆アゲ”な大特集 アニバーサリー突入をお祝い

2024年6月18日(火)13時30分 オリコン

『ViVi』8月号特別版表紙に登場するSixTONES

写真を拡大

 6人組グループ・SixTONESが、21日発売の雑誌『ViVi』8月号特別版(講談社)表紙に登場する。約1年ぶりの登場となる今号では、アニバーサリー突入を祝う“バイブス爆アゲ”な大特集&ピンナップを展開する。

 今年、結成9周年→10周年、CDデビュー5周年→6周年と、2年間にわたるアニバーサリーに突入したSixTONES。グループとして楽曲やMVがリリースされるごとに大きなバズを生み出し続けているだけではなく、ドラマや映画、バラエティなど、今やメンバーをメディアで見ない日はないほど個人での活躍の幅も広がり、その勢いはとどまるところを知らない。

 アーティストとしての経験と実力を積み上げてきた今でも、結成当時の「悪友」っぽさは変わることはなく、ファン、共演者、スタッフなど、グループに関わる人すべてを「グル」に巻き込んで、SixTONESだけのバイブスを作りあげている6人。アニバーサリーを経ても、これから先もずっと、6人が鳴らす最高なBEATに乗り続けていたい!という思いを込めて、特集タイトルは『ウチナラスオレラのGONG SixTONES the BEAT!!』を掲げている。

 今回の衣装はカラフルで、夏らしい肌見せもあるヤンチャなヴィンテージカジュアルスタイルと、一転してクールにまとめたシルバー×ホワイトのフューチャー感あふれるコーデの2パターン。衣装によってガラリと変わる表情も見どころとなる。

 ほれぼれするほどカッコいい、ソロ&集合カットはもちろんのこと、今回の撮影では2人組のフリースタイル撮影に挑戦。それぞれのコンビに「2人で自由に動いてください!」とリクエストすると、小芝居が始まったり、宙に浮いたり、躊躇(ちゅうちょ)なく顔を近づけたり、なぜかケンカが始まったり(!?)。大盛り上がりの現場では、6人らしい愉快なカットが大量発生した。

 インタビューでは、結成10年目がスタートし、長い付き合いだからこそ語れる、各メンバーの“イイ時、イマイチな時”をお互いに暴露する「アイツのアップBEAT&クレイジーBEAT」、充実の近況を、友達に話すように語ってもらった「WHAT’S UP!? SixTONES」、これまでグループを支えてくれた人への感謝を素直に語った「サイコーなTEAM SixTONES」、さらに、同誌では恒例となった「ランダムQ&A」のコーナーは、アニバーサリーイヤーの開始を祝して、これまでリリースしたシングル曲のタイトルにちなんだスペシャル仕様となる。

 そして、彼らがもっとも本領を発揮する、グループトークまで。今回もSixTONESらしさがたっぷり詰まった、読み応え抜群の内容となる。どんどん進化するビジュアルにグッときて、中身は相変わらずの6人に思い切り笑って、ホッとして、最後はアツい気持ちになれる『#スト本4』に仕上がっている。

オリコン

「SixTONES」をもっと詳しく

「SixTONES」のニュース

「SixTONES」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ