ヒロミ「モグモグGOMBO」スタッフの死悼む

6月19日(月)22時53分 ナリナリドットコム

タレントのヒロミ(52歳)が6月19日、公式ブログを更新し、かつてMCを務めていた人気番組「モグモグGOMBO」で共に全国を飛び回ったカメラマンが亡くなったことを明かし、惜別の言葉をつづっている。

19日付けのエントリー「哀しいな」では、まず、「20代後半から30代 ずーとやっていた番組モグモグモグゴンボで 日本全国、海外と10年以上 初めから最終回まで撮り続けくれた、最高のカメラマン。Aカメの久保田が逝ってしまった。早過ぎる」と報告。

そして久保田さんについて「ロケのカメラマンで 久保田にかなうカメラマンはいないと俺は思う。本当に素晴らしいカメラマンだった。演者の話を聞きながら、絶対に取りこぼさない ロケ中はほとんどカメラを肩から降ろさず、いつでも撮れるようにスタンバイしている」とその仕事ぶりを紹介し、「この遺影のように」と、肩にカメラをかつぎ、微笑んでいる久保田さんの遺影を掲載した。

また、「モグモグモグのスタッフも集まり みんな歳をとりました」と、久保田さんを偲んで集まったスタッフの集合写真も載せしんみり。最後は改めて「最高のカメラマン 久保田雅文様。お疲れ様でした」と追悼している。

「モグモグGOMBO」は、1993年から2003年まで日本テレビ系で放送された料理番組。ヒロミと林家こぶ平(現在の九代目林家正蔵)がMCを務め、最高視聴率19.6%を記録した人気番組だった。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヒロミをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ