スピードワゴン小沢、YouTuberデビューしていた 動画は「YouTube界の『タモリ倶楽部』って」

6月20日(木)15時0分 AbemaTIMES

 17日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 今回は「目指せ登録者10万人! ガチでYouTuberで食う方法SP」と題して、YouTuberのTOMOKIN、フワちゃん、放送作家の長崎周成氏に加え、5月にAKB48を卒業し今後はYouTuberとしても活動していくことを発表した小嶋真子らがゲストに登場。YouTuberの収入事情などについてトークを展開した。

 番組オープニングで、小沢一敬は「俺もYouTubeっていうのを始めたんですよ」と、ある制作会社のスタッフから誘いを受け、自身の公式チャンネルを開設したことを明かす。

 しかし、他のYouTuberの動画はほとんど見ていないという小沢は「他のYouTuberとかを(番組に)呼んで話を聞いたりしてたんだけど、(自分は)“遅い”のよ」と、自身のチャンネルの問題点を指摘。

 一般的なYouTuberの動画ではスピード感が重要視されるが、小沢のテンポや喋りはゆったりしているそうで「(番組が)なんて言われているか知ってる? コメントに書いてあったもん、YouTube界の『タモリ倶楽部』って」と明かしてスタジオの笑いを誘う。

 「ボソボソと好きなことだけを喋っている番組だから」と自虐的に説明する小沢に、井戸田潤は「すげえ長寿(番組)になるじゃないですか」とフォロー。すると小沢は「最近、YouTube(動画)のオープニング『毎度おなじみ流浪の番組』って言いだした」と『タモリ倶楽部』のオープニングのセリフをちゃっかり拝借していることを告白した。
 

【見逃し視聴】人気YouTuberが収入事情などを告白

AbemaTIMES

「YouTube」をもっと詳しく

「YouTube」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ