グッとくる「魔性の妖艶女優」総選挙!(1)<20代の萌芽編>黒木メイサは第二子出産でも断トツ人気

6月20日(火)5時57分 アサ芸プラス

 オンナの成長は、男と比べものにならないほど急速。成人式を終えたら、あっという間にフェロモンを増量させてゆく‥‥。

〈第二子となる長男を無事出産しました! 4人家族になり、益々明るい家庭を築いていき、お仕事にも精進してまいります〉

 6月7日に出産を終えた黒木メイサ(29)は、そんな喜びのメッセージをツイッターにアップした。母親として多幸感に浸っているが、実は女優としても新たな展開が──。

「7月公開の中国映画『青禾男高』に、監督の熱烈オファーで海外初進出としてヒロインを演じます。黒木の女豹のようなボディが、いよいよ世界で受け入れられるかもしれません」(映画ジャーナリスト)

 すでに「世界で最も美しい顔100人」に選ばれたことがあるが、野性味もワールドワイドになりそう。20代部門のアンケート1位は当然の結果であろう。

 この世代で4位と健闘したのが、NHK朝ドラ「ウェルかめ」のヒロインも務めた倉科カナ(29)である。あどけない顔だちだが、かつてグラビア活動がメインだった頃はB89・W58・H87の堂々たるサイズ。

「当時はDVDで『おっぱいがポロリした?』と騒がれたほどの迫力。朝ドラヒロイン以降は出し惜しみが続きましたが、今年1月スタートの主演ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)での妖艶な演技で再浮上。せっかく秘めた魔性が評価されたのだから、20代が終わる前にフルヌードに挑んでもらいたいですね」(アイドルライター)

 役柄が評価をアップさせるのは10位の波瑠(25)も同じ。オンエア中の「あなたのことはそれほど」(TBS系)のドロドロ不倫劇は、クライマックスに向けて視聴率も急上昇している。

「朝ドラヒロインの優等生に思われがちですが、13年公開の『みなさん、さようなら』(ファントム・フィルム)では、濱田岳に股間をいじられてアエギ声を漏らす悩殺シーンも演じています」(映画ライター)

 さらに、7月スタートのドラマ「ごめん、あいしてる」(TBS系)でヒロインを演じる吉岡里帆(24)も11位にランクイン。現在、オンエア中の「日清どん兵衛」のCMは、星野源を相手に“萌え演技”を茶の間に見せつけている。

 アイドル評論家の織田祐二氏が言う。

「透き通るほどキレイな肌で、星野に近づいて『ほら、ここにいますって。触って』と迫っていく。そのストレートな物言いがたまらない。芸能界きっての隠れ巨乳で知られていますが、二の腕のプルプル感もたまりません」

 今はCMで、7月になったら読者層も視聴しやすい「日曜9時枠」で、さらに進化するボディを確認せよ!

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

選挙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ