松本潤、はだける背中…止められない想いがあふれる『ナラタージュ』予告編

6月20日(火)8時0分 シネマカフェ

『ナラタージュ』(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

写真を拡大

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた島本理生の恋愛小説を原作に、「嵐」松本潤主演、ヒロインに有村架純を迎え、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンを取り映画化する『ナラタージュ』。この度、本作の予告編が公開された。

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩のために卒業公演に参加してくれないかと誘いの電話が来る。葉山は高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。2人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる——。

本作は、高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる、禁断の純愛物語。主人公・葉山貴司役には松本さん、葉山を全身全霊で愛する工藤泉役には有村さんが演じるほか、坂口健太郎、瀬戸康史、市川実日子らが出演している。

このほど到着した予告編では、先日公開された特報映像にも登場した雨の中で泉とうつろな目をした葉山が車内の窓越しにふり返る、けだるさの中に意味深な余韻を漂わせるシーンからスタート。そして孤独な泉を教師である葉山が救った“出会い”の高校生時代から、卒業後再会し、泉の想いが語られながら2人で過ごした日々が折り重なる…。思い悩む葉山の表情や、涙する泉、まっすぐにお互いを見つめあう2人、ベッドから見えるはだけた葉山の背中…と許されないけれど止められない想いをぶつけ合いながら恋に落ちていく、ふたりの切なくて激しい恋模様が描かれている。

また、泉を想う坂口さん演じる小野の健気な姿や、大人になった泉の同僚となる瀬戸さん演じる宮沢、市川さん演じる葉山の妻・美雪の映像も初公開。本作の世界観が明らかになる映像となっている。


『ナラタージュ』は10月7日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松本潤をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ