二宮和也、『ブラックペアン』竹内涼真&葵わかなと笑顔でクランクアップ 

6月20日(水)6時0分 クランクイン!

日曜劇場『ブラックペアン』二宮和也らキャストオールアップの様子(C)TBS

写真を拡大

 嵐の二宮和也主演のドラマ『ブラックペアン』(TBS系/毎週日曜21時)の撮影がオールアップし、二宮のほか、竹内涼真葵わかなが笑顔でクランクアップを迎えた。二宮は「テレビの力を信じて、見てくれる人に何かを届けたいという思いで約4ヵ月の間撮影に参加させていただきました」と本作への想いを語った。 6月24日の放送で最終回を迎える本作の、約4ヵ月間に及ぶ撮影が終了。一足先にクランクアップを迎えた二宮は「この作品に携わり、なおかつこのキャストの方々とご一緒できたのは本当に貴重な経験だったと思います」と撮影を振り返ると「またどこかでご一緒できたときには、この人と一緒にやれてよかったと思ってもらえるように精進したいと思います」と語り、決意を新たにした。

 研修医・世良雅志役の竹内は「今までのドラマで一番キツかったですが、ひとつのシーンをみんなで作り上げるこの現場は本当に楽しかったです」と撮影の充実ぶりを明かすと、医療ドラマ初挑戦だった花房美和役の葵も「最初は医療ものに携われるということで、すごく楽しみにしてたのですが、まさかここまで大変だとは思いませんでした」と撮影中の心境を告白した。

 24日放送の最終話では、倒れた佐伯教授(内野聖陽)に対して応急処置の手術を施す渡海(二宮)が、完治させるための再手術を行う条件として、自分が探している“飯沼達次”の居場所を明らかにすることを要請。しかし佐伯は“命より大事なものがある”とそれを拒否し、外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。

 一方、東城大では美和(葵)が藤原師長(神野美鈴)の命で秘密裏に担当していた患者の容体が急変。それは高階(小泉孝太郎)や香織(加藤綾子)の知るところとなる。そしてブラックペアンの真実は渡海の手で白日の下に晒される。

 ドラマ『ブラックペアン』最終話は、TBS系にて6月24日21時放送(15分拡大)。

クランクイン!

「クランクアップ」をもっと詳しく

「クランクアップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ