倉科カナ 破局1年の傷心を癒した“午前2時のカラオケ熱唱”

6月20日(木)16時0分 女性自身

「倉科さんは1次会からワイングラスを傾け、ひとり静かに飲んでいました。どこか話しかけにくいオーラが漂っていて、『やっぱり彼のことを引きずっているのかな……』と心配の声も上がっていました」(番組スタッフ)



6月12日、都内の飲食店でドラマ『ミラー・ツインズ』(フジテレビ系)の打ち上げが行われていた。21時半からという遅めの開始だったが、主演の藤ヶ谷太輔(31)など出演者が続々と集結。そんななか、倉科カナ(31)の表情はどこか浮かないようにも見えた——。



昨年11月、本誌は倉科と竹野内豊(48)の破局をスクープした。14年に交際が報じられて以降、何度も“結婚秒読み”といわれてきた2人。だが将来について話し合った末、昨年夏に別れを決意したという。双方の所属事務所も取材に対し、破局の事実を認めていた。



そのショックがまだ癒えていないのだろうか。彼女は打ち上げ直前の5月21日、自身のブログにこんな“意味深な言葉”をつづっていた。



《今年も日々刺激的な毎日で、時々、脱線しそうになったり、、、心が折れそうになったり、、、でもどうにか自分自身で持ち直し、自分自身と戦っております。。。いや〜。。。大変だね〜》



ブログでの発言があったため、打ち上げではスタッフも冒頭のように心配していたという。だがこの日のうたげが、彼女を変えたようだ。



「実は、打ち上げ当日まで撮影が続いていたんです。ギリギリでクランクアップできたとあって、会場ではみんなあんどの表情を浮かべてました。倉科さんも最初こそ話しかけにくい空気がありましたが、次第に笑顔になっていきました。1次会の後はボウリング場で2次会が行われたのですが、彼女はそこにも参加していました」(前出・番組スタッフ)



2次会が終わったのは、深夜2時前。このまま帰るのかと思いきや、倉科はカラオケ店で行われた3次会にも参加!



「倉科さんは楽しそうな様子で、いきものがかりの『じょいふる』を絶唱していました。深夜にもかかわらずノリノリで、総勢30人ほどのスタッフも大盛り上がりでしたね」(前出・番組スタッフ)



約3時間のカラオケが終わり、倉科が外に出てきたのは空がすっかり白んだ朝5時過ぎ。タクシーを停めると、女性マネージャーと帰っていった。



仲間たちと密な7時間半を過ごした倉科。朝日に照らされた彼女のまなざしは、傷心を感じさせない力強さにあふれていた——。

女性自身

「倉科カナ」をもっと詳しく

「倉科カナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ