横浜流星、新刊ムックでプライベートに接近! 写真集の6度目重版も決定

6月20日(木)8時25分 マイナビニュース

俳優の横浜流星が、7月2日に発売されるムック本『別冊カドカワScene』(KADOKAWA)の表紙を横浜流星が飾る。また、2nd写真集『流麗』(KADOKAWA)がこのたび、6度目の重版が決定し、累計7刷となり、累計発行部数が6万5000部を突破したことも明らかになった。

『別冊カドカワScene』表紙イメージ(左)と中面カット

『別冊カドカワScene』は、 あらゆるシーンにおいて、注目を集める人、ことを多彩な視点で切り取り特集していくエンタメカルチャー誌。表紙を飾る横浜は、ことし1月期に放送された連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS)でピンク髪の不良高校生“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ、一躍大ブレークを果たした。現在放送中の『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)では頭脳明晰の大学院生・二階堂忍役を演じるほか、9月6日には主演映画『いなくなれ、群青』の公開も控えるなど、今最も注目を集める若手俳優だ。

誌面では、22歳の等身大の素顔を切り取るべく、横浜のプライベートにも接近。常連だという蒙古タンメンの店に行ったり、新たな趣味を探すため自転車店へ行ったりと、リラックスした表情をたっぷり収めた。注目の集まる『あなたの番です』の密着リポートのほか、ひたむきな内面に迫った1万字のロングインタビューを掲載。また、過去の出演作品をひも解きながら俳優としての歩みを振り返ったりと、30Pのボリュームで横浜流星に迫る完全保存版の巻頭特集となっている。

マイナビニュース

「横浜流星」をもっと詳しく

「横浜流星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ