渡辺直美、ニューヨークでの失恋を告白 南キャン山里亮太&蒼井優の結婚にコメントも

6月20日(木)13時59分 モデルプレス

渡辺直美(C)モデルプレス

写真を拡大

渡辺直美/モデルプレス=6月20日】お笑いタレントの渡辺直美が20日、都内にて開催されたイベントに出演し、ニューヨークで失恋したことを明かした。

4月からアメリカ・ニューヨークで本格的な活動をスタートさせた渡辺。現在は、日本とアメリカを行き来する生活で、ニューヨークでは仕事をこなしながらマンツーマンで英語の特訓に励んでいる。時差などの問題はあるものの、渡辺は、「凄く勉強になることもあります。『住んでみないと分からないな』ということはたくさんあります」と新鮮な毎日を送っていることを紹介。「何もしないでずっと外を眺めている時間もあります。そういう人生が今までなかったので、色々と考える時間もあります」と付け加えた。

ニューヨークを拠点とする活動については「今年いっぱいだけです。『4月から、12月、1月くらいまではできたらいいね』という話です」と明かした渡辺。「ニューヨークではどんな存在になっていきたい?」と尋ねられると、「みなさん、興味あります?」と軽快なトークで爆笑を巻き起こしつつ、「日本と一緒で、『楽しい!』、『あいつ、バカやってるな!』と思ってくれるような存在」と言葉に。「日本語を何か流行らせたいですよね。カワイイとか、サイコーとか」と続けた。

◆渡辺直美、失恋を告白

“ニューヨークで彼氏をゲット”の話題になると、渡辺は、お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太と女優の蒼井優の結婚発表に「すてきです、ホントに」と羨望のまなざしを向け、「ハリウッドスターを連れて帰るというのは?」と声を掛けられると、「やだ!面白い!そうなったら最高ですね」とノリノリ。「(米俳優のレオナルド・)ディカプリオとか連れてきたら、大ニュースですか?それでは、レオ様を捕まえるために頑張りたいと思います」と目を輝かせた。

そんな渡辺だが、ニューヨークで“失恋”を経験したそう。「若い男の子だったのですが、その子と美術館デートに行きました」と語り始め、「そのあとも『遊ぼう!』となって、『じゃあ、この日で。待っているね』みたいな。……当日、ドタキャンされて」と告白。美術館デートをした後、男性から「君の家に遊びに行くね」と言われ、渡辺が準備を整えて待っていたところ、待ち合わせ時間の30分後に「ごめん、行けなくなった」と連絡があったそう。「これは、“終わりだな”ということで、『OK、分かったよ』みたいな感じで終わりました」と顛末を明かした。

渡辺は「1回デートをしていますし、2回目のデートは向こうから誘ってくれたので、『行ける!』と思って。期待が高まるじゃないですか。しかも、家に来るとなったら。『嘘でしょ!これは!』というのがありました」と期待を胸に抱いていたことを述懐。ニューヨークでは「『意外と派手な人がいいのかな』と思いきや、やはり黒髪が一番モテるらしいのです」といい、「金髪にも飽きたので、(黒髪に戻して)モテ路線に走ろうと思います」と期待に胸を膨らませた。

◆渡辺直美、綾部祐二から謎の発言

また、ニューヨークでは、2017年からニューヨークを拠点に活動しているお笑いタレントの綾部祐二と連絡を取り合い、情報交換をしていることを明かした。前日も綾部と長時間、電話で話をしたそう。「綾部さんも、悩んでいるというわけではないのですが、『お前、俺のためにも頑張ってくれよ』みたいな“謎の発言”はされていました(笑)」と声を弾ませ、「頼むから俺のためにアメリカで先に売れてくれ。それで、俺を引っ張ってくれ、という話をしていました(笑)」とやり取りの内容を明かした。

イベントには、人気TikTokerのHinata(野々山ひなた)も出演した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「渡辺直美」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「渡辺直美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ