「バフィー」出演女優が17歳上の富豪と婚約

6月20日(火)10時24分 ナリナリドットコム

テレビシリーズ「バフィー 〜恋する十字架〜」のフェイス役などで知られる女優のエリザ・ドゥシュク(36歳)が婚約した。元テニス選手のピーター・パランジアン(53歳)からプロポーズされ、婚約したとInstagramで発表している。

エリザはプロポーズの瞬間を収めた写真をInstagramに公開し、「ワオ!イエス!もちろんよ。ボストン生まれ、ボストン育ちの私の恋人。もうすぐボストンで結婚式ね」と喜びのコメント。正式な日取りはまだ決まっていないようだ。

ハーバード大学出身のピーターは現在、マサチューセッツ州ボストンの不動産会社インターコンチネンタル・リアル・エステート・コーポレーションのCEOを務めており、過去の相手との間にすでに4人の子どもがいる。

これまでエリザは2人の関係を明るみに出さないようにしてきており、昨年12月にカリフォルニアでピーターや友人たちと撮った写真をInstagramで公開した際も、キャプションは「オン・トップ・オブ・ワールド」とだけ書かれていた。

そんなエリザは以前、NBAロサンゼルス・レイカーズのエース、リック・フォックス(47歳)と交際していたが、5年間の交際を経て2014年に破局を迎えていた。ロサンゼルスに一緒に住んでいた2人だったが、破局後エリザはすぐに故郷ボストンに戻っており、当時「私はロサンゼルスで冷え切った心でいるより、実際に気温の寒いボストンにいる方がいいわ。故郷や家族が恋しかったの」と心境を語っていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

婚約をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ