『Believe-君にかける橋-』最終回が今夜放送 いまだ謎“第1弾メインビジュアル”の伏線も回収へ

2024年6月20日(木)6時0分 オリコン

『Believe-君にかける橋-』最終回より(C)テレビ朝日

写真を拡大

 俳優の木村拓哉が主演を務める、テレビ朝日系木曜ドラマ『Believe−君にかける橋−』(毎週木曜 後9:00)の最終回(※15分拡大SP)がきょう20日に放送される。今夜、すべての謎がついに解き明かされる。

 テレビ朝日開局65周年記念作品として制作された本作は、橋づくりに情熱を燃やす狩山陸(木村)が刑務所に収容されるという思わぬ困難に見舞われながらも、決してあきらめることなく希望と再生の道を模索していく物語。

 最終回では、前回ラストで抵抗することなく再逮捕された狩山が今夜、起死回生を図ろうと、次なる一手に出る。しかし先だって、共に真相を追い求めてきた刑事・黒木正興(竹内涼真)、実は裏で磯田典孝(小日向文世)と密通していた担当弁護士・秋澤良人(斎藤工)とも袂を分かつことになってしまった狩山。そんな彼に最後に手を貸す、信じられる味方とは誰なのか。これまで明かされていなかった、登場人物たちの過去や真意も今夜、次々と明らかになる。

 また、重度のがんを患い、医師から即入院すべきだと勧告されながらも、狩山を守るため入院を先延ばし、奔走してきた玲子(天海祐希)。命のタイムリミットが迫る中、ふたたび最愛の夫と笑顔で向き合い、かつ本気でけんかする時間を共有できるのか。

 かつて娘を交際相手に殺されるも、警察には未解決事件として半ば放置され、一時は犯人への復讐を企てていた半田豊(田中哲司)も再登場。とうとう捜査に新たな動きが起こる。

 そして、今年3月に解禁したメインビジュアル第1弾で描かれた、橋の上に立つ狩山がまばゆい光が差し込む向こう岸に向かって何かを投げる姿、さらに番組タイトル『Believe』に隠されていた伏線も回収。緻密に組み立てられた物語の全容が明かされる。

【最終話(20日放送)あらすじ】
「龍神大橋」崩落“事故”における自らの無実を証明し、“壮大な闇に覆われた真相”を明らかにするため、刑務所から逃走。同じく真相を追い求める刑事・黒木の協力を得て、決死の逃亡を続けてきた狩山がとうとう逮捕された。もはや抵抗することなく、愛する妻・玲子の目の前で、連行されていく狩山。だが、彼はまだ諦めてはいなかった。次なる戦いに備えようとする。

 一方、崩落“事故”を計画した「帝和建設」の社長・磯田、そして磯田と密通していた狩山の元担当弁護士・秋澤は、さらなる暗躍を続ける。そんな中、“事故”に加担した部下・南雲大樹(一ノ瀬颯)の婚約者・本宮絵里菜(山本舞香)が突然、玲子のもとを訪れ…!?

 さまざまな人物の底知れぬ思惑がより一層複雑に絡み合い、苛烈を極めていく“真実をめぐる戦い”。はたして、本当に信じられるのは誰なのか?そして、命懸けで希望と再生の道を模索する狩山、重病を抱える玲子を待ち受ける運命とは。

オリコン

「最終回」をもっと詳しく

「最終回」のニュース

「最終回」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ