東方神起ユンホ 不祥事続く韓国芸能界を浄化するソロライブ

6月20日(木)16時0分 NEWSポストセブン

指の先まで魂を込める渾身のパフォーマンス(写真/アフロ)

写真を拡大

 日本における韓国エンタメのパイオニア的存在で、2018年のコンサート動員数が、B'zや嵐をおさえて第1位となった東方神起。リーダーのユンホがデビュー16年目にして初めて韓国でソロのミニアルバム『True Colors』をリリースし、発売記念のお披露目ライブを行った(6月12日、韓国・ソウル)。不祥事続きの韓国エンタメ界を一喝、浄化させるような、成熟した33才絶対王者の神髄ともいえるパフォーマンスは、すべてのK-POPファンを圧倒した。


 これまでも東方神起それぞれでソロシングルをリリースしたり、コンサートでのソロステージは経験済みだが、アルバムという形で独り立ちするのは意外にも16年間で初めて。


 ショーケース(お披露目)ライブでは、致命的な魅力で相手を惹きつけるという歌詞の『Follow』などを披露。激しいダンスにぶれない体幹、安定のボーカル、クールなドヤ顔、そこに計算し尽くされた楽曲の素晴らしさが加わり、これぞユンホという完成度の高いステージとなった。


 初のソロアルバムについてチャンミン(31)からは、「曲もいいし、ユンホはよくこなしてるし、なんでもうまくできるから心配していない」と絶賛されたという。同アルバムはすでに韓国主要アルバムチャートで週間1位に。11月から行われる日本ツアーでも、さらに磨きのかかったセクシーパフォーマンスが見られるはずだ。


※女性セブン2019年7月4日号

NEWSポストセブン

「芸能界」をもっと詳しく

「芸能界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ