『ビビット』生放送での不倫疑惑釈明にネット唖然 「真矢さんがつらそう…」

6月20日(木)15時1分 しらべぇ

20日放送の『ビビット』(TBS系)にて、元NHKのフリーアナウンサー・堀尾正明氏(64)が、同日発売の『週刊新潮』にて、モデルの女性(50代)との不倫疑惑が報道されたことについて言及。

このことに対する女優・真矢みきのコメントに、視聴者から様々な声が寄せられている。

 

■真矢も代理謝罪、堀尾氏涙目で釈明

18日に山形県沖で発生した最大震度6強の地震の情報を伝えた後、真矢は「続いては、このようなことをお伝えする朝を申し訳なく思っています」と代理謝罪をしたうえで、堀尾氏の不倫疑惑について番組を進行。

堀尾氏は、涙目になりながら「この度は、この報道によって自分の行動が多くの人を傷つけて、ご迷惑をかけ、誤解を生じ、許容範囲を超えた行動をしたと反省しております」と釈明し、謝罪した。

相手は、小学生2人の息子を育てる50代のシングルマザーで、ファッション誌でモデルを務める容姿端麗な女性だという。

 

■真矢と3人で面会したことも

しかし、堀尾氏は相手女性との不倫関係についてはきっぱりと否定し、陶芸教室で出会ったことをきっかけに、家族のことについて相談にのっていたと説明。

真矢は、相手女性と堀尾氏の3人で面会する機会があったことを明かし、「本当にお友達でした。私が会ったときは。彼女もさっぱりした方で、こんな風に大きく誤解されてしまうのは残念」とコメントした。

■「真矢さんがつらそう…」

妻とは別居中で、相手女性との不倫関係についても否定した堀尾氏だったが、「私が会ったときは…」という真矢の言葉が気になってしまったという視聴者が続出。

「真矢さんの『…私が会った時は!』に何か…引っかかる」

 

「『そのときはお友達でした』って、不倫カップルが人前でベタベタするわけないだろ…」

 

「コメントする真矢みきさんが一番つらそうに見えた」

 

「真矢さんだけがかなりショック受けてる感じ…」

 

真実は当事者にしか分からないが、生放送で仲間内の不倫疑惑釈明の進行をしなくてはならない真矢の立場を、気の毒に思った人は少なくないようだ。

 

■不倫に厳しい人は5割弱

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の1,357名を対象に実施した意識調査では、全体で45.0%の人が「どんな理由があろうと、不倫は悪だと思う」と回答している。

不倫関係について否定した堀尾氏だったが、ひとたび「不倫疑惑」として報道されてしまった以上、なかなかそのイメージを払拭することは難しそうだ。


・合わせて読みたい→眞鍋かをり、今井絵理子議員は「考え方がアイドル」 ネットでは共感の声


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年2月9日〜2018年2月13日

対象:全国20代〜60代の男女1357名 (有効回答数)

しらべぇ

「ビビット」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ビビット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ