庄司智春とワッキー、思わず「くそー」と雄叫び 繰り広げられた切実過ぎる悩み

6月20日(木)16時41分 しらべぇ

(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

19日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、お笑いコンビ・品川庄司庄司智春とペナルティのワッキーが出演。コーナーの中で繰り広げられていたトークの内容に、視聴者は哀愁を感じたようだ。

 

■プライベート大声選手権開催

この日は、「『うるさい』と指摘されたら即失格 プライベート大声選手権」を立証。声の大きさに定評のある芸人と先輩芸人が食事をし、会話の中で大声の最大値を測るというものだ。

今回は庄司が最大値に挑戦。ビールを一口飲んだ庄司はさっそく「くぅー」の一声で測定開始。95.9デシベルで、犬の鳴き声と同じくらいの音量だという。

 

■インスタで悩む2人

会話の中で、庄司と品川が自ら投稿しているインスタグラムについて赤裸々に悩みを打ち明ける場面が映った。

ワッキーが「インスタのフォロワーがちょっとずつ減っていってる」と嘆くと、庄司は「減るってことあるんですか」と反応。20日時点で、ワッキーのフォロワー数は8万7000人だ。

庄司も「俺ずっと少なくて、フォロワーが4万2000。でいいねがすげえ少ない」「漫才のツアーを毎回アップしているけど350くらいのいいねしか付かない」と吐露し、「くそー」と大声をあげた。

結局、「煮そうめんください」と店員に大声で頼んだところ、「デカくない? 声」とワッキーにツッコまれて失格となった。なお、この時の音量はヘリコプターの近く波の110.1デシベル。

■視聴者も思わず反応

放送を見ていた視聴者からは、以下のような声があがった。

「ワッキーの切実な悩み」

 

「ワッキーと庄司のインスタ話笑」

 

本人たちからすれば切実な悩みでも、視聴者からするとつい失笑してしまう裏話だったのかもしれない。

 

■気になる選手権優勝者は

芸能人のSNSは、人によっては100万人もフォロワーがおり、ファンひとりひとりの数は気にしていないだろう。だがワッキーと庄司くらいになると、つい数を見てしまうのかもしれない。

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,336名に、有名人のSNS利用について意識調査を実施。結果、「有名人はSNSをやらないほうがいいと思う」は35.3%におよんでいる。昨今相次いでいる炎上も、回答に影響していると言えそうだ。

なお、今回の選手権の優勝者はザコシショウで115.1デシベルだった。


・合わせて読みたい→庄司&ミキティ夫妻の結婚記念日ショットがステキすぎ 「幸せで羨ましい」と祝福も


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日

対象:20代〜60代男女1,336名(有効回答数)

しらべぇ

「庄司智春」をもっと詳しく

「庄司智春」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ