小原正子、夫・マック鈴木が16歳で渡米した理由に「苦渋ながらも強い決断だった」

6月21日(金)14時25分 AbemaTIMES

 お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子が19日、自身のアメブロを更新。夫の元プロ野球選手で野球解説者のマック鈴木が16歳で渡米した理由を明かした。

 この日小原は、マックとマックの父親との2ショットを公開。「やんちゃし放題の16さいの息子をアメリカで働かせることにした父」と説明し、「後にメジャーリーガーとなった旦那さんですが、渡米当初は 球団職員として働いていました」と渡米当時は「洗濯係」だったことを補足した。

 小原がマックの父に「国内じゃあかんかったん? 遠く離れたどこかの島とかでさ〜」と冗談混じりに尋ねたところ、「国内で手におえるレベルちゃうかったんや」と即答されたといい、小原も「なるほど」と納得した様子。「国内にいたら絶対に それた道にいく わしは そんな為に 育てた覚えはない」とも述べたといい、「苦渋ながらも強い決断だったと思われます」と続けた。

 当時、マックの母親は渡米に反対していたとする一方、マックの父は「悪いけどな、 女は泣くだけや それでは 解決にならんねん」と持論を展開した様子。小原は「私だったら どうだろう。。。???誠希千、誠八の 16才なんてあっという間にやってくるよなぁ‥‥」と自身に置き換えて「あかん 想像だけでも 泣ける」とコメント。

 小原は「そのじーじの決断がなければ 旦那さんはメジャーリーガーになることもなかったわけで 巡りめぐっては 私と出会い、結婚してくれる なんてこともなかったに違いない。。。」「じーじ ありがとう」と感謝を述べ、「楽しくも 考えさせられる 昨夜でした」としみじみつづった。

 この投稿に「凄い決断力と実行力、お義父さんを尊敬します!」「お義父さんの決断も覚悟がいったと思いますが、時には厳しくしないといけないのですね」「マックさん 手におえない ってどれだけ やんちゃ だったんだろう??」などのコメントが寄せられている。
 

▶韓国で最高視聴率31%超え!ハン・ジヘ&ハ・ソクジン共演『伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー〜』

AbemaTIMES

「小原正子」をもっと詳しく

「小原正子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ