モバイル版『Dead by Daylight』が2019年末にリリースに決定。4vs1非対称型ホラーの人気作がスマートフォンに登場

6月21日(金)14時48分 電ファミニコゲーマー

 Behaviour Interactiveは、非対称対戦型サバイバルゲーム『Dead by Daylight』のモバイル版を発表した。プラットフォームはiOSとAndroid。基本プレイ無料。日本を含む、2019年末に全世界でリリースする。

 『Dead by Daylight』はカナダのBehaviour Interactiveが開発している非対称型の対戦サバイバルゲーム。プレイヤーは「キラー」と呼ばれるひとりの殺人鬼と、「サバイバー」と呼ばれる4人の生存者に分かれる。生存者の目的はキラーの魔の手から生き延び、ステージを脱出すること。逆にキラーは、生存者の脱出を阻止し、彼・彼女ら始末することが目的だ。

 1v4という特殊なルールのゲームながらも、現在はプレイヤー数およそ1200万人という圧倒的人気のゲームに成長した。

(画像はSteam | 『Dead by Daylight』より)

 今回のモバイル版は専門のチームが開発を手掛けている。既存のゲームプレイやモードに加えて、スマートフォン、タブレット向けに最適化した操作を実現しているという。すでに公開されているモバイル版トレイラーでは、その操作イメージを掴むことができる。このモバイル版では、外にいながら友達と顔を見合わせながら一緒に楽しめることも可能だろう。

(画像はYouTube | 『DEAD BY DAYLIGHT MOBILE : 2019年末リリース予定』より)
(画像はYouTube | 『DEAD BY DAYLIGHT MOBILE : 2019年末リリース予定』より)
(画像はYouTube | 『DEAD BY DAYLIGHT MOBILE : 2019年末リリース予定』より)

 『Dead by Daylight』はさまざまな既存のホラー作品ともコラボしていて、『死霊のはらわた リターンズ』『スクリーム』ともコラボしたばかり。モバイル版発売に向けて、これからどんどんコンテンツが充実していくだろう。

 非対称対戦型サバイバルゲームでもっとも有名なタイトルがスマートフォンに登場ということで、モバイル業界に大きな影響力を持ちそうだ。すでに本作はコアゲーマーだけではなく、カジュアルにゲームをプレイする層に届いており、大きな反響を呼び起こしている。タレントでモデルの本田翼さんがYouTubeで実況プレイして、同時視聴者が10万人を超えたことは記憶に新しい。

 『Dead by Daylight』は、Nintendo Switch版の発売日が今年9月26日に予定しており、さらなる規模の拡大が予想される。ここから新しい現象が起こったり、コミュニティが活性化していくだろう。本作の動きには今後とも要注目だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

電ファミニコゲーマー

「Dead by Daylight」をもっと詳しく

「Dead by Daylight」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ