中田翔らパ・リーグ6選手『インクレディブル・ファミリー』で一言声優

6月21日(木)15時0分 クランクイン!

『インクレディブル・ファミリー』に一言声優として出演するパ・リーグ6選手(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真を拡大

 パ・リーグ6球団を代表する投打のヒーロー選手6人が、ディズニー/ピクサー最新作『インクレディブル・ファミリー』に一言声優として出演することが発表された。併せて、ピクサー公認の“インクレヒーロー風イラスト”がお披露目された。 本作は、スーパーパワーを持ったヒーロー家族=インクレディブル・ファミリーの日常と、悪と戦う“ヒーロー”としての非日常を描く一家団結アドベンチャー。今回、一言声優に初挑戦したのは、北海道日本ハムファイターズの中田翔選手、東北楽天ゴールデンイーグルスの高梨雄平選手、埼玉西武ライオンズの山川穂高選手、千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手、オリックス・バファローズの安達了一選手、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手だ。

 中田選手は、インクレディブル・ファミリーに世界を救うミッションがあることに絡めて、自身のミッションを聞かれると「チームを優勝、日本一に導くこと、そこしかないですね」と回答。山川選手は、自身のスーパーパワーについて「握力とか背筋力は相当自信があります。握力は一番強い時で右90kgくらいありました。左が70kgちょっと。背筋力も300kgくらいありました」とアピール。

 どんなスーパーパワーが欲しいか聞かれると、鈴木選手は「こういうヒーローみたいな力があったら、ボールも遠くまで飛んでいくんだろうなと思います。僕はバッターなので、そういうパワーが切実に欲しいです」と話し、柳田選手は「二刀流したいです!」と語った。

 また、パ・リーグ6球団代表選手がインクレヒーロー風に扮したピクサー公認イラストもお披露目された。一言声優も務めた中田選手、山川選手、鈴木選手、柳田選手のほか、楽天の則本昂大選手、オリックスのT‐岡田選手が描かれている。パ・リーグの各球場では、“インクレディブル・デー”イベントを開催。イベントではフォトロケーションが登場したり、特製クリアファイルや、映画のキーアイテムである黒いアイマスクが先着でプレゼントされる。

 映画『インクレディブル・ファミリー』は8月1日より全国公開。

クランクイン!

「声優」をもっと詳しく

「声優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ