「SGO48」はどこの略?ベトナム拠点の新48姉妹グループが話題に

6月21日(木)20時37分 モデルプレス

(C)YAG Entertainment

写真を拡大

【SGO48/モデルプレス=6月21日】21日、ベトナム・ホーチミンで開催された記者会見「Yeah1 Thank you Party」にて、ホーチミンを拠点とする新たなAKB48の姉妹グループ「SGO48」の誕生が発表された。ネット上では「SGO」の略称がどの地名から取ったものなのかという声が多数上がっている。

◆SGO=saigon

グループ名は市街中心部の旧称サイゴンの英語表記「Saigon」に由来。現地では今もなお「サイゴン」という通称の方が馴染みがあるとも言われている。

海外の姉妹グループはJKT48、BNK48、TPE48、MNL48、AKB48 TeamSH、MUM48に続き7グループ目。ロゴカラーはベトナムの国花である「蓮の花」をイメージしているという。

◆7つ目の海外姉妹グループに期待

日本のファンからは新グループ誕生を喜ぶ声とともに「SGOってどこの略?」という疑問の声や「SGOがSOGOに見えた笑」「SGOだから相模大野?」「菅生かと思った」など日本の地名を当てたプチ大喜利も。「SGOってどこかと思ったらサイゴンか」「ホーチミンでHCMより語呂いいね」と納得の声も多く上がっており、とくにタイに誕生したBNK48は現地で熱狂的な人気を集めているだけに、SGO48の盛り上がりにも期待がかかる。

なお、オーディションに関しては、2018年7月よりベトナム全土にて公募開始、同年末にお披露目を予定。またSGO48運営会社として「YAG Entertainment」をホーチミンにて発足したことも発表された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「ベトナム」をもっと詳しく

「ベトナム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ