NHKはジャニーズにいい感情を持っていない

6月21日(木)21時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう(C)まいじつ



異例の“激怒”と言っていい。NHKは6月20日に木田幸紀放送総局長が定例会見を開き、頻発しているジャニーズ事務所のタレントによる不祥事についてコメントした。


【関連】スポンサーもスタッフも逃げ出す?「NEWS」スキャンダル地獄 ほか


木田局長は「われわれが直接、タレントさん個人についてコメントする立場にはない」と前置きしながらも「事務所には責任を持ってコンプライアンスであるとか、教育を徹底していただき、タレント、アイドルである前に社会人ですから、自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい」とクレームした。


「ジャニーズはいまNHKとの関係が良好とはとても言えない状態です。発端は、ジャニーズ側がドキュメンタリードラマ『NHKスペシャル 未解決事件 File.06 赤報隊事件』に『SMAP』をやめたばかりの草彅剛が出演したため『まだ出演させるには早過ぎる』と、NHKに文句を付けたことだとされています。そうした背景があり、NHKは意趣返しとばかりに、元『TOKIO』の山口達也の事件は遠慮なく第一報を打ちました。世間的では“ジャニーズの権力に屈しないNHK”と評価されましたが、互いに意地を張っているだけの関係のように見えます」(芸能関係者)



仁義なき戦いはこれから


実際問題、山口の事件の際には、「NHKの番組関係者が山口と被害女性をつないだ」などと報道され、NHKとしては“二次被害”を被った。ジャニーズ事務所にいい感情を持っていないのは確かなようだ。


SNSでは《NHKにここまで言われるジャニーズはふがいない》、《そもそもいい大人がコンプライアンスを今さら事務所に教わっていることが問題》、《事務所入りした時点でモラルを教えとけよ》などと書き込みが広がっている。


「NHK内部では『ジャニーズにモノを言って溜飲が下がった』と賛同の声が広がっています。何しろジャニーズのタレントがNHKの番組に出演するときには『安いギャラで出てやっている』という偉そうな態度が前面に出ていましたから」(NHK関係者)


ジャニーズ事務所とNHKの仁義なき戦いはこれからも続きそうだ。目が離せない。




まいじつ

「NHK」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ