ラッセル・クロウ、勢いでディカプリオから化石買う

6月21日(金)7時4分 ナリナリドットコム

ラッセル・クロウは、酔っぱらった勢いで、恐竜の頭蓋骨をレオナルド・ディカプリオから買ったことがあるという。

元妻との間に2人の息子を持つラッセルは、「ワールド・オブ・ライズ」で共演したディカプリオと飲んでいた際、話の流れから3万5000ドル(約380万円)でモササウルスの化石を買うことになったと振り返っている。

ラッセルはハワード・スターンとの会話の中で次のように語った。

「子供たちのために買ったんだ。まぁ、言ったら息抜きしてるところで、あの取引にはかなりの量のウォッカが絡んでいたね。レオナルドの家での話なんだけどさ」
「たしか彼が『こんなのを持ってるんだけど、ものすごく欲しいのが市場に出てくるから、これを売ろうと思ってるんだ』って話を始めて、俺が『だったら俺が買うよ』『いくらで売るつもりなんだ?』ってなったんだ。彼は特に気にしいない様子で『僕が買った時の値段でいいよ』って言って、たしか3万5000ドルくらい彼に払ったと思う」

そんな化石は2018年にオーストラリアのサザビーズで開催されたラッセルの「アート・オブ・ディボース」で販売されたが、現在はさらに価値が上がっているようで、ラッセルは「たぶん俺が売った後、価値は2倍くらいに上がったはずだよ」と話したが、「あれを買った理由の1つは、2008年か2009年当時、うちの子供たち、とくに上の子が恐竜にすごく興味を持ってたんだ。だから『ほらよ。遊び部屋用にあげるよ』って感じだった」と続けた。

ナリナリドットコム

「ラッセル・クロウ」をもっと詳しく

「ラッセル・クロウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ