劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』 原作者・尾田栄一郎氏が太鼓判「面白ーー! うわ〜〜〜!!!」

6月21日(金)10時45分 オリコン

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の尾田栄一郎氏から直筆コメント

写真を拡大

 人気テレビアニメ『ワンピース』の放送20周年記念作品となる劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』(ワンピース スタンピード/8月9日公開)で、映画のラフ映像を観た原作者・尾田栄一郎氏から直筆のメッセージが到着した。

 前作の公開から約3年ぶりの新作劇場版。今回の舞台は「海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典 海賊万博」で、華やかなパビリオンが立ち並ぶ島に、麦わらの一味や最悪の世代をはじめとする世界中の海賊たちが集結する。海賊たちの目的は、海賊万博での目玉イベント「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。時代の覇権を左右するお宝争奪戦の火蓋が切られる。

 尾田氏は、もし何かあればこのタイミングで言わなければ修正が間に合わないというタイミングで、ラフの本編映像を鑑賞したことを明かし、鑑賞した結果「面白ーー! うわ〜〜〜!!! スゲーのできてるー!」と大興奮で「自分の信頼は落としたくないので、つまらんものにはコメントしません。面白いときしか面白いという言葉は使いません」と掛け値なしの面白さだったことを告白。

 「迷ってる人の背中をドーン! 太鼓判ドーン!! 面白いです! コーフンして震えやがれ!!」と原作者自ら、今回の劇場版に太鼓判を押している。

オリコン

「ONE PIECE」をもっと詳しく

「ONE PIECE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ