悠仁親王や佳子内親王 秋篠宮家の英語学習法は?

6月21日(金)16時0分 NEWSポストセブン

オランダのアレクサンダー皇太子と交流する当時の皇太子ご一家(2006年、共同通信社)

写真を拡大

 立場上、自由に海外留学したり、英会話スクールに通うこともできない皇族方だが、それでも流ちょうに英語を操っている。皇室に受け継がれる外国語の学習法とは、どんなものなのか。


 秋篠宮家では紀子妃が悠仁親王を熱心に指導しているという。


「紀子さまはアメリカで幼少期を過ごしており、ドイツ語や中国語にも精通している。悠仁さまも夏にはブータン王国を訪問されるし、将来、多くの公務を担う。それに向け、家庭でも勉学に励まれているようです。紀子さまは、悠仁さまがNHKの番組を観る際、英語の副音声を聴くことを勧めている」(皇室記者)


 秋篠宮家が英語教育に力を入れているのは、その進学先からも分かる。眞子内親王、佳子内親王ともに卒業したのは国際基督教大学(ICU)。ほぼすべての授業が英語で行なわれることで知られるが、佳子内親王は入学当初、そのレベルの高さに苦労したようだ。


「ICUは英語力によって4つのレベルのクラスに分けられるのですが、佳子さまは入学当初、下から2番目のクラスに割り振られた。ですが、授業の空き時間に大学の図書館に通って予習・復習を繰り返し、英語力は飛躍的に上がった。


 昨年9月には、国際情報五輪の開会式で英語でスピーチされるまでになった。英国の名門リーズ大学への留学もステップアップのきっかけになったようです」(別の皇室記者)


※週刊ポスト2019年6月28日号

NEWSポストセブン

「秋篠宮家」をもっと詳しく

「秋篠宮家」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ