指原莉乃・渡辺麻友強し! NGT48も勢いづく“TSUTAYA×AKB48”選抜総選挙の傾向に注目

6月21日(水)15時48分 Techinsight

総選挙で3連覇を成し遂げた指原莉乃、北海道・東北エリアと九州・沖縄エリアでも1位に(C)AKS

写真を拡大

『第9回AKB48選抜総選挙』(AKB48 49thシングル 選抜総選挙)の結果が発表された6月17日、TSUTAYAによる『TSUTAYA×AKB48 49thシングルキャンペーンガール選抜総選挙』の結果も特設サイトで公表された。これは『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』に立候補したメンバーを対象として同じ投票期間で“全国7エリア”のキャンペーンガールを決定する企画である。17日、エリア毎に最終結果より16位までに入ったメンバーが発表され、たとえば九州・沖縄エリアで第1位は指原莉乃だが、東海・長野・岐阜エリアでは渡辺麻友というように本家『AKB48選抜総選挙』とは違った結果が見られて興味深い。

投票は全国のTSUTAYA RECORDS店舗でAKB48 48thシングル『願いごとの持ち腐れ』(5月31日発売)1枚購入につき“TSUTAYA総選挙シリアルナンバー入りアクセスカード(各エリア別)”を1枚配布、投票受付サイトから投票する形で行われた。6月16日23:59までで締め切り、17日に公式サイトで最終結果より全国7エリアの16位までが掲載された。そのなかから各エリア上位7位を抜き出すと次のようになる。

■北海道・東北エリア

1位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48
2位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)
3位 菅原茉椰(SKE48 TeamE)
4位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
5位 岡田奈々(AKB48 Team4/STU48)
6位 早坂つむぎ(AKB48 Team8)
6位 横山由依(AKB48 TeamA)

■新潟・北陸エリア

1位 加藤美南(NGT48 TeamNIII)
2位 中井りか(NGT48 TeamNIII)
3位 荻野由佳(NGT48 TeamNIII)
4位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48)
5位 高倉萌香(NGT48 TeamNIII)
5位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
5位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)

■関東エリア

1位 高橋朱里(AKB48 Team4)
2位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)
3位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48)
4位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
5位 松井珠理奈(SKE48 TeamS)
6位 岡田奈々(AKB48 Team4/STU48)
7位 向井地美音(AKB48 TeamK)

■東海・長野・岐阜エリア

1位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)
2位 松井珠理奈(SKE48 TeamS)
3位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48)
4位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
5位 須田亜香里(SKE48 TeamE)
6位 岡田奈々(AKB48 Team4/STU48)
7位 井田玲音名(SKE48 TeamE)

■関西エリア

1位 永野芹佳(AKB48 Team8)
2位 加藤美南(NGT48 TeamNIII)
3位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48)
4位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)
5位 久代梨奈(NMB48 TeamBII)
6位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
7位 白間美瑠(NMB48 TeamM/AKB48 TeamA)

■中四国エリア

1位 田中菜津美(HKT48 TeamH)
2位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48)
3位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)
4位 中野郁海(AKB48 Team8/AKB48 TeamK)
4位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
6位 岡田奈々(AKB48 Team4/STU48)
7位 加藤玲奈(AKB48 TeamB)

■九州・沖縄エリア

1位 指原莉乃(HKT48 TeamH/STU48)
2位 宮脇咲良(HKT48 TeamKIV/AKB48 TeamA)
3位 渡辺麻友(AKB48 TeamB)
4位 月足天音(HKT48 研究生)
5位 田島芽瑠(HKT48 TeamH)
6位 本村碧唯(HKT48 TeamKIV)
7位 加藤夕夏(NMB48 TeamM)

『第9回AKB48選抜総選挙』で1位となり3連覇を成し遂げた指原莉乃と2位の渡辺麻友は全エリアで7位以内いわゆる“神7”に入った。また新潟・北陸エリアでは地元のNGT48メンバーが圧倒的に強く、実は16位までを見ると北海道・東北エリアで11位に奈良未遥(NGT48 研究生)、東海・長野・岐阜エリアでは同率9位に北原里英・中井りか、14位に小熊倫実(各NGT48 TeamNIII)、九州・沖縄エリアでは12位に荻野由佳(NGT48 TeamNIII)とランクインしており人気が全国に広がっていることを感じさせる。


関東エリアで茨城出身の高橋朱里(AKB48 Team4)が1位、関西エリアで大阪出身の永野芹佳(AKB48 Team8)が1位なのは分かるが、中四国エリアで福岡出身の田中菜津美(HKT48 TeamH)が1位になるのだからおもしろい。賞品として各エリアのTSUTAYA RECORDS拠点店舗で“1位に選ばれたメンバーのソロ特設コーナー”が設置されるというがどのような内容になるか楽しみだ。

さらに各エリアの1位メンバー7名をフューチャーした『別冊TSUTAYA on IDOL TSUTAYA総選挙1位特集号(仮)』が全店で配布される。こちらもどんな仕上がりになるか完成が待たれる。

(C)AKS

Techinsight

「渡辺麻友」をもっと詳しく

「渡辺麻友」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ