「超巨砲ぶっ放した!」重量級雀士が極太の腕で跳満ズドン!ファン興奮「かっこよすぎだろ!!!」/麻雀・Mトーナメント

2024年6月22日(土)11時0分 ABEMA TIMES

 太い腕が振り下ろすツモ、ファンの興奮がピークに達した。Mリーガー、各プロ団体推薦者が出場する「Mトーナメント2024」予選1stステージL卓が6月21日に開催。松ヶ瀬隆弥(EX風林火山・RMU)が繰り出した反撃の一撃に視聴者が大興奮した。

【映像】剛腕炸裂!松ヶ瀬、状況を一変させた逆転ツモ

 南2局、松ヶ瀬は4着目。ここまでトータル首位の鈴木たろう(赤坂ドリブンズ・最高位戦)が仕掛けて清一色の親跳満をテンパイ、そして逢川恵夢(協会)も混一色で満貫テンパイと場は沸騰している。ここで松ヶ瀬は1・4筒待ちでテンパイすると、両者に対してリーチで反撃を開始した。放銃してしまえば敗退濃厚。解説の谷井茂文(RMU)は「4枚!4枚いるよ!」と残り枚数を伝えるが実況者の日吉辰哉(連盟)はパニック状態。危険牌の三万を押したたろうに「三万行ったって!五万切りリーチにトップ目が!」と叫ぶ。

 その直後に「バン!」と卓に腕がぶつかるほどの勢いで松ヶ瀬が振り下ろしたのは高目の4筒だ。リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・平和・裏ドラの1万2000点を決めると、日吉は「ああああ!」と絶叫。「これが松ヶ瀬!これが巨砲!超巨砲ぶっ放した!」と声を枯らし、視聴者からは「かっこよすぎだろ!!!」「お見事!」「コレはすごい」「うわぁぁぁぁあ!」と次々に興奮の声が上がった。

 重量級雀士が極太の腕で跳満ズドン!このアガリで浮上した松ヶ瀬はトップで2ndステージへ通過した。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mトーナメント プロ麻雀リーグ「Mリーグ」初となる冠大会で個人によるトーナメント戦。現Mリーガー36人と元Mリーガーやタイトルホルダーなどプロ5団体からの推薦者24人、計60人で行われる。Mリーグの昨シーズン優勝チーム所属の4選手は、予選2ndステージからシード出場となる。全試合「Mリーグルール」で行われ、予選は1stステージ、2ndステージ、ファイナルステージに分けて行われ、それぞれ2位までが次のステージに進出。セミファイナル(ベスト8)、ファイナルを経て優勝者を決める。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

ABEMA TIMES

「興奮」をもっと詳しく

「興奮」のニュース

「興奮」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ