芸能美女の“生娘卒業”(5)経験人数“2人”説で絞られる上戸彩の初体験

6月22日(土)9時59分 アサ芸プラス

 2012年に結婚したEXILEの元リーダー・HIROとの間に、第二子を妊娠したことが明らかになったばかりの上戸彩。そのHIROとの交際がスタートする直前まで長らく付き合っていたのが、V6の森田剛であったことは有名な話である。

「2人は上戸の2本目のドラマ出演となった、01年のドラマ『嫁はミツボシ。』(TBS系)で共演して急接近。その後、交際に発展しています。15〜16歳で、この森田に“初体験”を捧げたことは、まず、確実なのではないでしょうか」(芸能記者)

 あるスポーツ紙記者は、森田との出会いとなった、このドラマの制作発表会見を思い出し、こう語る。

「壇上に並んでいる時から、まだあどけなさの残る上戸が森田を見つめる眼差しは、思いっきりハートマークでしたからね。取材記者たちと、『こりゃヤラれちゃうな』と囁き合ったものですが、本当にその通りになってしまいました」

 その後、CMクイーンとなり、ドラマや映画でも引っ張りだこ状態になっていった上戸に対し、森田はいまいち仕事がパッとしなかった。それでも2人の交際は続き、森田への愛を“貫いて”いたというのだから、なんていいオンナ…。

「森田が後に宮沢りえという大女優との結婚をつかんだ一方、上戸が森田との破局報道からHIROとの交際発覚までは、ごく短期間。それを考えると、上戸の男性経験は、この2人だけということになりそうです」(夕刊紙記者)

 ますますHIROがうらやましくなる。

(露口正義)

アサ芸プラス

「上戸彩」をもっと詳しく

「上戸彩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ