本田圭佑がW杯で狙う“一発”「戦術で、ゴールは決められない」

6月22日(金)21時30分 文春オンライン

 コロンビアを撃破し、歓喜に湧く日本のイレブン。その隣で、本田圭佑は一人冷静に振る舞った。


 3度目のW杯。初戦は自身はじめてのベンチスタートとなった。2010年南アフリカW杯では、カメルーン相手に値千金の決勝弾を挙げ、一躍日本のエースに。チームの大黒柱として迎えた2014年ブラジルW杯は、初戦のコートジボワール戦で前半に左足でゴールネットを揺らしたものの、後半にチームは2失点を喫し逆転負け。いずれにしても本田は日本が迎える緊張の第一戦で必ず先発し、誰よりも結果を出してきた。



初めてのベンチスタートとなった ©JMPA


「大舞台で“一発”を決められる自分になろうとしている」


 あれは、ブラジルW杯から数ヶ月が経った頃のことだった。


 当時、イタリアの名門・ミランに所属していた本田を取材するため、現地を訪れた。


 取材ノートを見返していると、ある言葉が記されている。


「ここからの自分は、大舞台で“一発”を決められる自分になろうとしている。(ブラジル)W杯のギリシャ戦で、あれだけ相手を攻め込みながらも、自分を含めて日本には誰も試合を決められる、ゴールに繋がるプレーをする選手がいなかった。サッカーの勝負を分けるのは、結局は最後の一発を決められるかどうか。その局面で、勝てるかどうかですから」


 過去2大会のW杯初戦で、ゴールを挙げている。それだけでも十分“一発”を持っている。ただ、本田は国民の大きな期待を背に戦ったブラジルW杯で、自分のゴールやプレーが勝利につながらなかったことに納得できていなかった。


 ロシアW杯への準備を進める中、大会が差し迫ってくるに連れて本田のチーム内での立ち位置が微妙に変化していく。先発メンバーから、主力外へ。テストマッチの出来などを元に、西野朗監督が戦力状況を整備した結果だった。



 本田にチャンスがあるなら、途中出場しかない。ならば、逆に“一発”を決める勝負強さを発揮すべき時も、このタイミングしかない。


 かつて本田がミラノで自ら語った話を、逆にコロンビア戦前に彼に振ってみた。


——以前、ブラジルW杯を踏まえて、90分間でどうプレーするかも大事だけど、ここぞのところで出てきて“一発”を決められるかどうかが大事になってくるという考えを話していた。


「そのとおりだと思います。究極のサッカーは、やっぱり個なので。誰かの一振りが、そのボールがゴールに入るかどうかだけ。戦術で、ゴールは決められない。その意見は、今も何も一切変わっていない。初めてW杯を経験した時から変わっていない」



ファーストプレーから狙っていた本田


 コロンビア戦、本田に出番がやってきたのは70分。試合終了まで、残された時間は少ない。香川真司のPKで先制したものの、日本は強豪相手に11対10の数的優位になりながらも試合を優勢に進められず、前半終了間際には同点弾も喫していた。


 ファーストプレーから、本田は“一発”狙いだった。


 71分、右サイドから中央に切り込み左足を強振。これは足にミートできず不発となった。さらに本田が起点となり右サイドを崩すと、最後は酒井宏樹がゴール前に侵入しシュート。絶好機だったが惜しくもDFにあたり、日本のコーナーキックとなった。


 左サイド角のポイントには、本田が立った。ここまでのテストマッチでは、セットプレーのキックもあまり当たりは良くない。一方、実は2018年、所属先のパチューカ(メキシコ)ではリスタートからのアシストを量産してきていた。今年に入り挙げたアシスト数『7』のうち、実に半数以上の『4』がフリーキック、コーナーキックからだったのである。


 一度、二度、味方が待つゴール前に顔を上げ、足下に視線を落とす。左足で蹴り上げられたボールは鋭く回転がかかり、最後は大迫が体を捻りながらヘディングでゴールネットに沈めてみせた。



 “一発”——。それはゴールではなかった。しかし、紛れもなく日本の貴重な得点は大迫の頭、そして本田の左足が呼び込んだものだった。


喜ぶ大迫と、あっさりした対応をする本田


 試合後の取材エリア。先に姿を現した大迫が、喜びを噛み締めながらこう語った。


「圭佑さんは、本当に練習からすごくいいボールを蹴ってくれていて、あの形での得点が多かった。良い質のボールが、僕の頭のところに落ちてきてくれた。本当に感謝しかない」


 連日、非公開練習を続けていた西野ジャパン。セットプレーのトレーニングも当然われわれをシャットアウトして行われた。そこで本田は、しっかり自分の左足に本番仕様に磨きをかけていた。



 多くの選手から遅れて、本田が取材エリアにやってきた。試合直後のピッチ上での表情と同じく、冷静そのもの。大きな1勝ではあるが、それに動じていない様がうかがえた。


 ある記者が問いかける。


——途中から出てきて一仕事するのは、本田くんらしい。


「いやいや、そんなに大したことはなくて。どっちかと言ったら、1本目のシュートをダフった方が悔しくて。あそこのためにやってきている部分があるので。今日はあまり良くなかった」



 アシストにも、あっさりした対応。確かに本人としても、投入直後のシュートチャンスを是が非でも決めたかったのはわかる。


 ただ、あのアシストには今季本田がここまで見せてきたキックの精度とアジャスト、そして大迫との練習の成果が隠されている。


 本田が取材エリアを過ぎ去る最後のところで、今度は直接投げかけて彼の真意を確かめていった。



「ボールにはずっと苦労してきたんです」


——パチューカでは高地により気圧の影響もあったけど、セットプレーからのアシストを確実に増やしていた。キックのフィーリングをW杯本番まで維持しようと?


「そうですね。でも、ボールにアジャストするのに時間がかかってしまった。(大会公式球の)アディダスの。それは、テストマッチのガーナ戦でもそうやったんです」


——正直、スイス戦も全然キックが良くなかった。


「そう。だからボールにはずっと苦労してきたんです。正直、まだちょっと苦労しています。FKも含めて。でも今日は、サコと練習で繰り返してきたのが出た。いい感じで結果につながった。このイメージを持ちながら、自分のキックも早くカムバックさせようと、その感覚的なところを大事にしている。また、カザン(ベースキャンプ地)に戻ったら、キックにトライしていきますよ」



——パチューカでセットプレーからのアシストが多かった。それを代表でもできるか?


「そこなんです。それはゴール前に入っていく選手がボールを信じてくれるかどうか。そのコミュニケーションはしっかり必要で、パチューカでもそれで成功できた。どれだけいいボールを入れても、そこに味方がいないと意味がない。あうんの呼吸。(パチューカのFWでチリ代表の)サガルの頭に当てる、まさにあのイメージですよ」


ゴールという結果に絡んだという事実


 そして最後に聞いた、“一発”について。本田がこのロシアW杯で足跡を残せるかどうかに、大きく関わってくることである。


——もう一つ。今は大事な試合で重要な“一発”を出せるかどうかに集中している。今日のアシストも“一発”に含まれるのか?


「もちろん欲を言えば、最初のシュートをやっぱりミートさせたかった。でも、あそこでゴールという結果に絡んだという事実——。僕自身、そのためにピッチに立っているんです」



 繰り返しになるが、依然動きは重く、ミスも目立つ。ピンチにつながるようなプレーもあった。今やそんな本田に対する批判は数多い。そこには理にかなった指摘も存在する。


 それでも、日本の勝利を生んだ瞬間、そこに彼は直接絡んでいた。いや、本田からすると、意地でも絡んでみせたのかもしれない。逆風吹き付ける中で示した“一発”。当然、こんなアシスト止まりのものではないさらなる衝撃を、彼自身は思い描いている。


 大舞台では、ただ黙っていることなどない。本田圭佑の真骨頂を、コロンビア戦の裏側で見た。



(西川 結城)

文春オンライン

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ