『オンリー・ザ・ブレイブ』ジョシュ・ブローリンらが“消防界のネイビーシールズ”ホットショットの魅力語る特別映像

6月22日(金)16時32分 映画ランドNEWS

オンリー・ザ・ブレイブ

6月22日(金)に公開される映画『オンリー・ザ・ブレイブ』より、ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジスをはじめとするキャスト・スタッフが本作で描かれる「ホットショット」の魅力を語る特別映像が到着した。


オンリー・ザ・ブレイブ
© 2017 NO EXIT FILM, LLC

2013年アリゾナで起きた巨大山火事に立ち向かった20人の男たち「ホットショット」の実話を元に描かれた本作は、あまりにリアルで恐怖すら感じる迫力の山火事映像と、強靭な肉体と精神を兼ね備えた男たちの熱きドラマ、そして彼らを支える家族との絆を描いた感動スペクタクル。


オンリー・ザ・ブレイブ


壮大で美しい山々の風景から一変、激しく燃え盛る炎に包まれた山火事の映像と共に語られるのは「ホットショットは国内最高のエリート森林消防隊。消防界のネイビーシールズだ」というジョセフ・コシンスキー監督の言葉。「肉体的な強靭さが最も求められる職業だ」と続けるジョシュ・ブローリンは、本作でホットショットの隊長・マーシュを演じ、自身もかつてはボランティア消防隊で3年間もの消火活動経験を持つ強者でもある。


実際の消火経験を持つジョシュですら、驚嘆させる彼らの消火活動について「隊員たちは1日に16時間働き、20キロ超の荷物を背負っていく。携行食を食べ、屋外で眠るんだ」と信じられない過酷な環境を明かすのはマイルズ・テラー。そんな彼らに対し、ジェフ・ブリッジスは「とにかく凄い奴らだ。間違いなく世界で一番偉大な仕事だ」と彼らの偉大な活動を称賛している。


オンリー・ザ・ブレイブ


その他、映像内では、テイラー・キッチュが「彼らは自分の仕事をこなし、世間からの見返りは全く求めない」と彼らの人間性も称賛に値するとコメントを寄せ、さらには、危険な仕事へと夫を送り出すマーシュの妻・アマンダ役を演じたジェニファー・コネリーは「これは消防隊に捧げるトリビュートよ。本当のヒーローの物語。非凡なことをやり遂げる、血肉を宿した実在の人物たちのね」と、「ホットショット」へ称賛の言葉を贈っている。



映画『オンリー・ザ・ブレイブ』は6月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開


© 2017 NO EXIT FILM, LLC


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「魅力」をもっと詳しく

「魅力」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ