桜沢エリカが漫画化を熱望した「日本バレエ界の伝説」

6月22日(金)12時0分 女性自身

「今回の作品は、実在の人物の生涯を丹念に描いたという意味では初めての挑戦。困難も多かった作業ですが、描き終わった今、私の代表作になったと感じています」



そう語るのは、漫画家・桜沢エリカさん。7月2日に発売となる最新刊『バレエで世界に挑んだ男[スタアの時代 外伝]』(光文社)は、“知る人ぞ知るバレエ界の偉人”故・佐々木忠次さんを描いた物語となる。



佐々木忠次さんは、ミラノ・スカラ座など世界の超一流を日本に招く一方、世界の名門オペラハウスに自らのバレエ団「東京バレエ団」を率いて乗り込むなど、日本バレエ界に多大なる功績を残した伝説のインプレサリオ(興行師)。



桜沢さんが本作を描くきっかけとなったのは、’16年4月に亡くなった佐々木さんの評伝『孤独な祝祭 佐々木忠次〜バレエとオペラで世界と闘った日本人』(文藝春秋)を読んだことだそうだ。



「佐々木さんの評伝が出版されたのを知り、すぐに手に取ったのですが、1,2ページ読んだだけで『私、描きたい!』と感じました。この本で、芸術や美しいものに対する佐々木さんの思いの強さを知り、『日本人みんなに知ってほしい』と強く感じたんです」



桜沢さんは生前の佐々木さんとの直接の面識はなく、「世界バレエフェスティバルのステージ上であいさつする佐々木さんを見た程度」であり、それゆえに描く難しさも多かったという。



「難しかったのは、創作的な要素を入れるさじ加減。バレエ界では有名人である佐々木さんのことを、お会いしたことがない私が描くのは大変で、基本的には『史実に忠実に』を心掛けました。それでもやはり『自分なりの思いを伝えたい』と考えて描いたシーンもあります。そしてそれらの描写は満足のいくものになりました」



本作を通じて、読者に伝えたいことを桜沢さんはこう語る。



「とにかく、日本の芸術にこれほど多大な貢献をした佐々木さんのことを、もっと多くの人に知ってほしいです。ドラマやドキュメンタリーなどでの映像化が実現して、さらに広い層に届くことになったらうれしいですし、この作品がそのきっかけになれたらとも思います」

女性自身

「バレエ」をもっと詳しく

「バレエ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ