さみしくてメイドカフェと魔女っ子バーと中国人パブをハシゴしてしまった話【推しメンが結婚しちゃった日記】

6月22日(金)12時0分 耳マン

モーニング娘。石川梨華に10年以上“ガチ恋”を続けているドルヲタのふちりんによる完全ノンフィクション連載。梨華ちゃんに健気に恋をする彼が、2017年3月13日に結婚した彼女への想いを、結婚が近いという報道があった2017年元旦から振り返り繊細に紡ぐ。【ガチ恋……アイドルにガチ(本気)で恋をすること】


8月22日〜24日

さみしくてメイドカフェと魔女っ子バーと中国人パブをハシゴしてしまった話

8月22日 火曜日

 今日はさみしかったのでメイドカフェに行きました。テーブル席にポツンと座っていたら梨華ちゃん似のメイドさんがわざわざカウンターから出てきてお話してくれて、とても嬉しかったです。僕は「梨華ちゃん(32歳)が18歳の頃からガチ恋をしているんだ」という話をして、「我ながら長いことガチ恋しているなあ!」と自分に感嘆しました。

 メイドカフェでもさみしさが癒えなかった僕は、大宮アイドール(行きつけのアイドルカフェ)にも行きました。以前芸人の又吉さん似の男に2万円をだまし取られた件について白川ももちゃんに訊かれ、僕は「もうお金が戻ってくることはないよ」と答えて、「お互い寸借詐欺には気をつけようね」と言い合いました。
 プロ野球が大好きな渡辺綾ちゃんには、「シーズンオフが来なければいいのに。ずっとリーグ戦をやっていてほしいなあ」とボヤきました。シーズンオフが来たら、梨華ちゃんが野上選手と結婚式を挙げてしまうからです。今ごろはきっと、結婚式の準備で忙しいんだろうと思います。ふみゅう……。

 大宮アイドールでもさみしさが癒えなかった僕は、魔女っ子バーに足を伸ばしました。午前0時を過ぎていたため店内には僕を含めてふたりしか客がおらず、推しメンのゆるえちゃんとゆっくり話をすることができて、すごく心が癒されました。貧者のおつまみ(お通しのおかわり)と貧者のお酒(ホッピー)を美味しくいただきました。ロキちゃんには可愛らしい似顔絵を描いてもらい、心がぽかぽかしました。
 魔女っ子とまったり話したり似顔絵を描いてもらったことでさみしさは癒えたもののまだ飲み足りなかった僕は、道ばたに立っていた中国人女性に誘われるがままに中国人パブに足を踏み入れました。その中国人女性は1杯2,000円のワインをものすごいスピードで飲み、僕にしなだれかかっておかわりを要求するので、しぶしぶおかわりをあげました。するとそのワインも結構なスピードで飲み干されました。

 「やれやれ」と思いながら中国人パブを出て千鳥足で繁華街を歩いていると、またしても中国人女性(さっきとは別の女性)に声をかけられました。「悪いけど、もうお金がないんだ」と言うと「おろせばいいじゃない」と言われ、腕をとられてコンビニに連れ込まれ、なけなしの貯金から1万円をしぶしぶ引き出します。そして僕はまたしても中国人パブ(さっきとは別の店)に行き、その子もものすごいスピードでワインを飲み干すのでした。やれやれ。

8月24日 木曜日

 今日は美人女医さんの個別診察会に行ってきました。
 「この1ヶ月、わりと穏やかな日々を過ごすことができました」「睡眠薬を飲まなくても眠れるようになりました」「さみしいと感じるときはあるけど、死にたいと思う頻度は減りました」「最近楽しいと感じるときはご当地アイドルを観に行っているときです」、などと言うたびに、美人女医さんは非常にキュートな笑顔を見せてくれて、僕の心はとても癒されます。薬を飲む以上に癒されたかもしれません。「美人女医さんのこの素敵な笑顔が見られなくなるなら、梨華ちゃんへのガチ恋、治りたくない!」とまで思ってしまいました。

ふちりん

1980年生まれ、埼玉県出身。おひつじ座のA型。2003年頃より当時モーニング娘。のメンバーであった石川梨華へのガチ恋を開始。その赤裸々な想いを綴ったブログやTwitterが一部のアイドルファンの間で人気を呼ぶ。趣味は読書やサッカー観戦、アイドル鑑賞、ベースを弾くこと。好きな作家は村上春樹太宰治、中村文則。

耳マン

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ