藤田富「仮面ライダーアマゾンズ」に続く主演作決定 原作者が驚き「極めて珍しいこと」<拝み屋怪談>

6月22日(金)12時0分 モデルプレス

藤田富 (C)2018「拝み屋怪談」製作委員会

写真を拡大

藤田富/モデルプレス=6月22日】モデルで俳優の藤田富が、8月11日より配信されるドラマ「拝み屋怪談」(ひかりTV・dTVチャンネル/毎週土曜配信)で主演を務めることが分かった。

原作は、第5回「幽」怪談実話コンテスト大賞受賞の郷内心瞳(ごうない・しんどう)氏が、宮城県で “拝み屋”という仕事を営むかたわら見聞きした怪異体験を書き上げた「拝み屋怪談」シリーズ。今回のドラマ化について、郷内氏は「怪談実話がドラマシリーズとして映像化されること自体、極めて珍しいことなので大変驚いています」と心境を語った。

◆藤田富、依頼人の無念晴らす“拝み屋”に挑戦

「仮面ライダーアマゾンズ」以来、ドラマ主演2作目となる藤田が演じるのは、原作者と同じ名前の主人公・郷内心瞳。依頼人の悩みを祓い、無念を晴らして始末し、物語を追うごとに成長していく“拝み屋”役で、新たな一面をみせる。

同作について藤田は、「僕は拝み屋・郷内心瞳を演じるにあたって、怪異に悩まされる人の心に寄り添う存在を目指し、この夏観てくださる視聴者の皆さんが少しでも“ひやっ”として快適な夏を過ごせるように、全力で演じていきたいと思います」と意気込みをコメント。原作の郷内氏は、自身と同じ名前の役を演じる藤田について、「『私』という人物を、仮面ライダー俳優でイケメンの藤田富さんに演じていただけるということにひたすら恐縮しております」と語った。

◆「拝み屋怪談」脚本&監督は?

なお、映画「ほんとにあった怖い話」、TVドラマ「学校の怪談」「エコエコアザラク」シリーズなどの小中千昭氏が脚本を担当。監督はTVドラマ「エコエコアザラク」「ねらわれた学園」や、映画「蛇女」でも、小中氏とタッグを組んだ清水厚氏と、TVドラマ「怪談新耳袋 百物語」、映画「劇場版 稲川怪談 かたりべ」の大畑創氏が務める。(modelpress編集部)

■藤田富コメント

まず「仮面ライダーアマゾンズ」の主演の次に、こんなにも早く主演作品ができることに驚いております。しかも僕は怪談や心霊現象のお話にはとても興味があり、まさか「拝み屋怪談」に携わることができるなんて思ってもおりませんでした。拝み屋とは人の不安や悩みを取り除く素敵な職業です。僕は拝み屋・郷内心瞳を演じるにあたって、怪異に悩まされる人の心に寄り添う存在を目指し、この夏観てくださる視聴者の皆さんが少しでも“ひやっ”として快適な夏を過ごせるように、全力で演じていきたいと思います。

■郷内心瞳コメント

怪談実話がドラマシリーズとして映像化されること自体、極めて珍しいことなので大変驚いています。映像化された「拝み屋怪談」シリーズがどのような作品になるのか興味津々、今から楽しみという気持ちが大きいです。私自身も一視聴者として純粋に作品を楽しめればいいなと考えております。「私」という人物を、仮面ライダー俳優でイケメンの藤田富さんに演じていただけるということにひたすら恐縮しております。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「怪談」をもっと詳しく

「怪談」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ