Netflixオリジナルドラマ『Jimmy』予告編にさんまとジミー本人が登場

6月22日(金)8時6分 オリコン

Netflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』7月20日より配信開始(C)2018YDクリエイション

写真を拡大

 明石家さんま企画・プロデュース、Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』の予告編が公開された。その最後には、さんまと、モデルとなったジミー大西本人が登場。ジミー青年が本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々を「このドラマ、内容はほぼホンマやな」「はい、ホンマです」と証言している。

 ジミー大西役を中尾明慶、明石家さんま役を玉山鉄二が務め、しゃべり方から佇まいまでジミー、さんま本人とシンクロさせつつ、その心の内を豊かに彩り、魅力的なキャラクターを作り上げた本作。

 1980年代の大阪を舞台に、幼い頃から何をやっても上手くいかないジミーが、お笑い界の若きスーパースター・さんまに見出され、唯一無二の芸人として次第に才能を開花させていく。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に笑いながらも、一人の青年が孤独や劣等感を抱えながら成長していく姿を、さんまをはじめとした周囲の人々との愛と友情たっぷりに描く。

 解禁された予告編は、ジミーとさんまの衝撃的な出会いから始まる。吉本興業に舞台進行見習いとして就職したジミーは、大失敗の反省を示すため、股間をひもで階段にくくり付け、大騒ぎに。それを聞きつけてやってきたさんまが思わず、「お前誰や?」と、怪訝そうに聞くのが2人の出会いのシーンだ。

 ほかにもジミーが巻き起こす“ありえへん”エピソードが目白押し。運転する車がなかなか進まず、「渋滞なんですわ」と嘆くジミーに、「ちゃうがな! 前の車、駐車しとんねんて!」と突っ込むさんま。「飲んだ方が早い」と点滴を直接飲もうとして医師に止められたり、初出演の吉本新喜劇で放送禁止用語を言ってしまい番組中断の大事故になったりと、ジミーの周りで起きた「アホみたいなホンマの話」の数々が描かれる。ドラマ本編では、これ以上にジミー大西の“ありえへん”エピソードの数々が。そして、「お笑い芸人」から「世界的画家」になるまでの一部始終が笑いと感動とともに描かれていく。

 予告編後半ではMISIAの歌うムード満点の主題歌「最後の夜汽車」とともに、さまざなまキャラクターが登場。佐藤浩市演じるTV局の名物プロデューサーや池脇千鶴演じる大竹しのぶ、生瀬勝久演じるジミー大西の恩師とも言える野球部顧問の先生、さらに尾上寛之演じる村上ショージや、六角慎司演じるMr.オクレ、宇野祥平演じるさんまの運転手らさんまファミリーの面々も集結。運命的に出会い、笑いという絆で結ばれた仲間たちが時にツッコミ役、時にスパイスとなり物語を彩っていく。

オリコン

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ