正義(森本慎太郎)、紙吹雪舞う法廷で妻(森川葵)とハグ? 『街並み照らすヤツら』謎深まる新場面写真公開

2024年6月22日(土)6時0分 オリコン

土ドラ10『街並み照らすヤツら』より(C)日本テレビ

写真を拡大

 6人組グループ・SixTONES森本慎太郎が主演を務める、日本テレビ系土ドラ10『街並み照らすヤツら』(毎週土曜 後10:00)の第9話が、きょう22日に放送される。それに先立って、新場面写真が公開された。

 今作は、さびれたシャッター商店街で経営ギリギリのケーキ屋「恋の実」を営む店主・竹野正義(森本)が、仲間のため、街のために巻き起こすヒューマンエンターテインメント。大切な店と家族を守るため、悪事に手を染めてしまうところから、ドラマは予期せぬ方向に向かう。

 公開された新場面写真では、正義と妻・彩(森川葵)が法廷で抱き合い、紙吹雪が舞っている。まるでミュージカル映画のようなこのシーンの意味とは。色とりどりの紙吹雪はいったい何なのか。

 彩は、正義の裁判の証言台に立つ。「証人にとって被告人はどのような人物ですか?」と問われた彩は「自分勝手!」と即答する。続けて「身の程知らず、できることはケーキを作ることだけ」と話す。

 被告人である夫に対して、日ごろの本音をぶちまける彩。ついに彩が辿り着いた答えが法廷で明らかになる。商店街を守るために、たった1人で責任を背負ったまま、運命の裁判に臨んだ正義と、証言台に立った彩の夫婦関係はどうなるのか。

オリコン

「森本慎太郎」をもっと詳しく

「森本慎太郎」のニュース

「森本慎太郎」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ