高橋一生、長谷川京子、吉高由里子 春ドラマの「勝者」は?

6月22日(土)16時0分 NEWSポストセブン

高橋一生はメガバンクに勤めるエリートを演じた

写真を拡大

 1クール、キャスト・制作陣が鎬を削ったあと、“明暗”は必然的に訪れる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。


 * * *

 春のドラマが次々に幕引きを迎える時期。滑り出しは注目を浴びていたけれど、さほど話題にならず静かに収束していくケースあり。または想定外の感想を集めたり。制作側の思惑通りにはいかないあたりもまた、手作り娯楽の持つ宿命であり面白さかもしれません。ということで、前評判に比べちょっと残念だった作品、想定外だったドラマを挙げてみると……。


●『東京独身男子』(テレビ朝日系土曜22:15)


 高橋一生斎藤工滝藤賢一と人気役者をズラリ揃えたキャステングで大注目。ドラマにおける「男子」と「結婚」という斬新なテーマ性も話題を呼んだ。「あえて結婚しない=AK男子」をはやり言葉にしよう、という意気込みも感じられたのですが。狙いすぎて裏目に出たのでしょうか? 蓋を開けてみると第1話から第2話にかけて視聴率ががくっと落ち、「想定していたのと違う」と感じた視聴者がいたことが推測されます。


 主人公の男たちは、仕事も収入もルックスも申し分ないというハイスペック。そこに無理矢理ダメ男感を盛り付けようとして、どっちつかずになったか。


 結婚を目標にしているのかそれとも独身でいいという志向なのかもはっきりしない。そもそも主人公たちは「あえて結婚しない」のではなく、「結婚したいけれどできない」姿もいろいろと描かれ、タイトルとの齟齬を回収しきれなかった残念さがありました。男性視聴者向けかそれとも女性向けか、立ち位置も今ひとつわからず。全体として視聴者にモヤモヤ感を与えてしまったようです。


 もちろん「中年男たちの青春っぽいラブコメ」を評価する視聴者も。「ちょっとバカバカしいノリが楽しい」「重たくないのがいい」という感想も聞かれました。一方で、「これだけの役者を揃えて何やってんだ」「中身が薄くて見てられない」という声も。絶賛する人と受け付けない人、ここまで見事にくっきり評価が分かれるドラマも今どき珍しい。


 連続ドラマはほぼ10話で完結するパターンが多いのですが、このドラマは8話で幕を閉じたため、「もしかして打ち切り?」とネット上で話題に。深夜枠なので8話完結は当初からの予定という説が有力ですが、ドラマの評判が上々ならこんな噂はすぐにたち消えていたのかもしれません。


●『ミストレス〜女たちの秘密〜』(NHK総合金曜22:00)


 英国で大ヒットしたドラマのリメーク版。アメリカ、ロシア、スロバキア、韓国と世界中でリメークされた有名ドラマだけに、日本版はどんな仕上がりになるのかと興味津々の視聴者も多かったはず。


 ドラマがスタートすると、「長谷川京子の唇がやたら目に入り、ストーリーの方が頭に入ってこない」「腫れた唇が気になり集中できない」と、本筋ではないところでちょっと不思議な(残念な?)リアクションが目立つようになりました。実際に「長谷川京子」をネット検索すると、「長谷川京子 唇」という項目がトップに出てくるほど。


 これは長谷川さんのせいというより、ドラマが創り出した印象でもあるのでしょう。


 長谷川さんが演じる柴咲香織は「心療内科医」の設定。それなのに仕事シーンはあまりなく医師としてのプロフェッショナルさも感じられず、長い髪の毛をダラリと垂らして若い男との恋愛シーンが続く。その際、必ずといっていいほど画面は陰翳たっぷりで暗い。顔をどアップで撮るから、妙にパーツが目に入ってくる。


「半開きの分厚い唇がねっとりしていて怖い」という感想も耳にしましたが、たしかにあの湿った感じは粘膜的威力というのか。強い印象を残しました。でもよく考えてみると、中年の女優がそこまで「固有性のある話題」で注目されるなんて、残念というよりスゴイと言うべきかも。芸能界は話題になってなんぼの世界ですから。


●『わたし、定時で帰ります。』(TBS火曜22:00)


 反対に、残念どころか想定外にアッパレだったのは『わたし、定時で帰ります。』で主役を張った吉高由里子さん。最終回のオンエア中に山形県沖で地震が発生し放送は中断、最終回は延期に。吉高さんは即座に「娯楽は命あってのお話です。被災地の方どうかどうかご無事でありますように」「皆さまが前向きな明日へと心が向かう日まで待ちたいです」とツイート。これが温かいメッセージとなって伝わっていった。最終回への期待も膨らませることに。放送は6月25日22時に決まりました。なんと15分拡大版とか。楽しみです。

NEWSポストセブン

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ