ブルゾンちえみ “好きだな”が導いてくれたお笑い界、憧れだった舞台女優への挑戦

6月22日(土)10時0分 週刊女性PRIME

ブルゾンちえみ 撮影/近藤陽介

写真を拡大



「35億」の決めゼリフをバチッと決めるキャリアウーマンネタで大ブレイクした、ブルゾンちえみさんが、いよいよ舞台女優としてデビューする。彼女が挑むのは、演劇界の鬼才、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんの出世作、『フローズン・ビーチ』だ。

■爽快感をもたらすぶっ飛びキャラに



「最初にお話をいただいたときは、素直にうれしかったです。私は舞台を見ながら“こういうところに立てたらなぁ”と憧れているファンのひとりだったんですね。だからプレッシャーがどうとかってことより、“うれしい!”という気持ちが圧倒的に勝ってました」

 この作品は南国のリゾート島で、女性ばかり4人のキャストが織りなすミステリー・コメディー。演出は鈴木裕美さんが務める。

「正直、最初に脚本を読み終わったときはドッと疲れました(笑)。文字だけでわかりやすい世界ではなかったから。でも、その後に初演のDVDを見て答え合わせをしたら“ああ、こういう感じで言ってたのか!”と、やっとわかって。リアルと非リアルが混在しているから、文字だけだと“えー、急にぶっ飛んだ!?”って混乱しちゃったんですけど、実際に人がやっていたらいい感じでなじんで、不思議な世界が立ち上がっていて。“リアルと非リアルのバランスが難しい”と裕美さんもおっしゃっていましたが、そのとおり。だけど、そこが面白さでもあるんですよ!」

 ブルゾンさんが演じるのは、過激な言動で人間関係を引っかき回す要注意人物・市子。これがまた、一筋縄ではいかない難役だ。

「“こりゃたいへんだな”と思いました。笑いを取るポジションでもあるんですけど、ツッコミ的な部分も多いし“難易度高いな”って。それだけにやりがいもあります。私は市子さんって、純粋な人だと思うんですよ。結果的には行動として突拍子もないことをするんですが、そこに至るまでの心境は、誰もが子どものときには感じていた“これってダメなんじゃない?”とか“嫌でしょ!”という心に忠実で、まっすぐなんです。

 大人になると、意志を通したいけど大人だから抑える、となるのが普通だけど、市子さんはそのままやっちゃってる。そこに、現実世界では実現しない爽快感があるんですよね。お客様には“憎めなかったね”と思ってもらいたいです」

 強烈なキャラは、ブルゾンさんのイメージをいい意味で裏切ってくれそう。

「“35億”ネタのキャリアウーマンだって、現実の私とは全然違うけど、違うからこそやっていてスカッとできるわけですよ。だからこの市子さんも、かけ離れているからこそ楽しめそうな気がしていますね。演じることの醍醐味がそこにあるんじゃないかな、と思っています」



■経済人の前向きな創造力を見習って



 ブルゾンちえみさんがお笑い芸人を目指したのは大学中退後、東京でタレントスクールに通っていたとき。



「あるとき、お笑いライブを手伝う機会があったんですね。それまでは芸人さんの表側しか知らなかったところへ、ステージ裏の芸人さんたちを間近で見ることができたんです。

 ネタ合わせを何度もしたり、反省したりというストイックな一面を知ったとき、私、“好きだな”って思いまして。“いちファンとしてこの人たちに近づきたいというんじゃなく、仲間になりたい”という気持ちが強くなった。“そのためにはネタを作らないとな”と思って作り始めたのがきっかけです」

 ブルゾンさんの素敵な声は、ライブでも強い武器。実は上京する前、地元・岡山の劇団に入った経験もあるそう。

「演劇の経験があると言えるようなものではないんですけど、私は絶対、舞台が大好きだとは思っています。たいへんなことも含めて。私っていつも、テレビやドラマに出た後“あれ、さっきのでよかったのかな?”と思いながら家路につくんです。

 裕美さんにそう言ったら“舞台だったらそういう不安は稽古をすることによって消せます。いろんなパターンをやって、これがいちばんいいんじゃないかというものが、本番までに厳選できていくから”って言ってくださって。“自信満々にコレだ、この武器だって思いながらやれるのかな、すごい達成感だろうな”と思うと、ワクワクしちゃいますね。稽古も楽しみです。なんたってwith豪華キャストですから(笑)」

 意外にも、愛読書のひとつは経済誌の『Forbes(フォーブス)』だとか。

「経済界の人たちって、未来を見ているんですよ。お金を儲けたいというのはあると思うんですけど、お金を儲けるにはその国の人たちが“いい”と思わないとお金を払ってくれない。じゃあ、“いい”と思ってもらえるものを作るにはどうすればいいか。その考え方がすごくクリエイティブで、前向きなんです。『Forbes』を読むとそういう人たちの話を、一緒に飲みに行っているような感覚で聞けるので、楽しいんです」

 では、そんなブルゾンさんが前向きな気持ちで見ている未来とは?

「大きなことを言いますけど、ひとりひとりが“生きていることが楽しい。明日もがんばろう”と思える、その力になることかな。心からそう思ってもらえるものを、私はエンタメを通して提供していきたいな、と思っています」



<作品情報>

KERA CROSS 第1弾『フローズン・ビーチ』

 演劇界の名だたる賞に輝き、紫綬褒章を受章した劇作家・演出家、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の戯曲を、別の演出家で上演するシリーズ「KERA CROSS」の第1弾。この戯曲は1998年、KERAが自分の劇団「ナイロン100℃」のために書き下ろして初演。岸田國士戯曲書を受賞した記念すべき作品だ。南国のリゾート地を舞台に、3つの時代、16年にわたる女たちの複雑に絡み合った運命が描かれていく。共演は鈴木杏朝倉あき、シルヴィア・グラブ。7月12日〜14日 神奈川(杜のホールはしもと)でのプレビューを皮切りに、全国9都市で上演。東京公演は7月31日〜8月11日 シアタークリエにて。その他の詳しい情報は公式サイト(https://www.keracross.com)

ぶるぞんちえみ◎1990年8月3日、岡山県生まれ。後輩芸人コンビ「ブリリアン」を従えた「ブルゾンちえみ with B」として、オースティン・マホーンの『ダーティ・ワーク』をバックにキャリアウーマンネタを披露し、一気に大ブレイク。2017年4月よりドラマ『人は見た目が100パーセント』で女優デビューし、’18年のドラマ『サバイバル・ウェディング』での演技も好評を博した。日本テレビ『行列のできる法律相談所』『ヒルナンデス!』にレギュラー出演中。

<取材・文/若林ゆり>

週刊女性PRIME

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ