高嶋ちさ子、SNSに投稿される迷惑動画に激怒 「名前と住所を出せ」

6月22日(土)15時41分 しらべぇ

目立ちたい一心で自分たちの迷惑行為を撮影しSNSやYouTubeなどネット上に動画をアップする人が増え、大きな問題に発展することも珍しくない。

21日放送『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)では、そんな迷惑動画に対して高嶋ちさ子長嶋一茂の怒りが爆発。視聴者の共感を呼んでいる。

 

■受水槽を泳いだ作業員に…

飲み水用の受水槽に入り泳ぐ水道整備会社作業員の動画がSNSで拡散。整備会社は対応に追われるなど、世間を騒がせたこの動画を見た高嶋は怒りを隠せない。

「名前出せ」と前置きした上で、「名前を出さなきゃアップできないようなシステムにすべき」と対策を提案。こういった迷惑行為は「実名なら絶対にできない」と指摘する。

さらに「名前と住所を出せ」と主張を続け、「ファンレター送ったるわ」とカメラに向けて啖呵を切った。

 

■モザイクは必要ない

一茂は、「訴訟問題になったら彼らは絶対負ける。でも日本は被告に対しての人権が重んじられている」と苦言を呈し、そういった加害者は「守る必要が無い」と厳しい意見も口にする。

これに高嶋も賛同。放送では作業員の顔にモザイクが入っていた点にも噛みついていき、「ボカシを入れないのが当たり前。そんなのをダメっていうのは偉い人じゃない」とモザイクを入れるよう指示しただろう番組の上層部にも不満をぶつけた。

■視聴者も共感

ネットの普及で気軽に動画を投稿し自己主張ができるようになっただけに、そのなかでさらに「目立ちたい」「有名になりたい」と考え、目立つ迷惑行為をアップする人が増えてしまった。

常識的に考えて決して許されない危険行為や法に触れるものをアップする投稿者に向け厳しい意見をぶつけた高嶋と一茂らに、視聴者からも共感の声が寄せられている。

 

■約6%に「恥ずかしい動画」投稿経験

しらべぇ編集部で全国10〜60代のSNSをやっている男女895名を対象に調査したところ、全体の6.4%が「恥ずかしい動画をSNSに投稿したことのある」と回答している。

その場のノリや流れでつい動画をアップし炎上するなど、不本意な目立ち方をして恥ずかしい思いをした人もいるはず。

目立ちたいだけの迷惑動画は、決してカッコいい、褒められたものではない。周囲から見れば「恥ずかしい動画」だと改めて認識することが必要だろう。


・合わせて読みたい→長嶋一茂、エロ動画詐欺に引っかかる 「動画見ていたら50数万円を請求された」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代のSNSをやっている男女895名 (有効回答数)

しらべぇ

「SNS」をもっと詳しく

「SNS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ