「完全に除霊が必要な案件」 ご当地アイドルが公園で撮った1枚に驚愕の声

6月22日(土)6時46分 しらべぇ

心霊スポットでふざけて写真を撮ると、「写ってしまった」という経験はないだろうか。一方で、何気ない風景を写したはずが霊が写り込んでしまったということもある。

このほど、大阪府のご当地アイドルが投稿した写真に注目が集まっている。

 

■公園で撮った1枚が…

投稿したのは、東大阪市のご当地アイドル『Ellis et Campanule(エリスカンパニュール)』の朝比奈めいりというアイドル。

20日、「幻想的でかわいいだろうな」と考え、白のワンピース姿でブランコを漕いだところ、白い服が残像となり、あたかも心霊写真のように。本人も「ただの心霊写真。もうしない」とまさかの出来具合に自分でも引いた様子だった。

 

■「幽霊じゃないです」

21日19時半時点で8.6万のリツイート、23万のいいねがつき、いわゆる「バズり」状態に。

本人もここまで拡散するとは思っていなかったようで、自らの所属ユニットの宣伝などをしたが、「幽霊じゃないです」と繰り返した。

■心霊写真のクオリティに脱帽

リプライ欄では、今回の写真に以下のような声が寄せられている。

「すごいですね、心霊写真ですわ」

 

「完全に除霊が必要な案件ですね」

 

「透けてるしチェーンの角度で首吊っているように見えるし怖い」

 

■恐怖体験をしたことがある人は

今回、たまたま撮影した1枚が心霊写真のようになってしまったことで、知名度が急上昇した彼女。ちなみに、しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1721名を対象に調査したところ、「恐怖体験をしたことがある」人は、全体の26.6%。

およそ4人に1人の割合と考えると、少ないとは言えなさそうだ。

拡散後、「心霊写真好きだけど、新衣装のそでのほうがやっぱり好きなので固定ツイはしばらく新衣装のままでいます」と投稿。ツイートの一番上の固定されたツイートであえて今回の写真を使わないところに、アイドル魂がうかがえる。


・合わせて読みたい→有吉も爆笑! 滝沢カレンがクラッシャーぶりを発揮した「心霊スポット調査」が面白い


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日

対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

しらべぇ

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ