チャーリー・シーンが深く後悔「子供達ともっと一緒にいてやれば良かった」

6月22日(水)21時0分 Techinsight

元気そうなチャーリー(中央)(出典:https://www.instagram.com/charliesheen)

写真を拡大


たった2回避妊を怠っただけで、HIVに感染したと告白した俳優チャーリー・シーン(50)。彼は5人の子の父でありながらポルノ女優らとの乱れた関係に溺れ、それを隠すこともせず子供達にはずいぶん悲しい思いもさせた。その彼も、現在50歳。現時点では完治しないとされるHIVに感染している彼は「もっと子供達と一緒にいてやれば良かった」と深く後悔しているという。

チャーリー・シーンには子供が5人いる。長女は高校時代の恋人が産んだ子で、すでに30代。最初の妻との間には子供はできず、2人目の妻が娘を2人(12歳、11歳)、3人目の妻が双子(7歳)を出産している。そのチャーリーがこのほどインタビューに応じ、心に抱えている大きな後悔をこう明かした。

「感染した日…コンドームを使用しなかったことを後悔している。」
「テレビドラマ『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』を台無しにしてしまったこともね。」
「成長する子供達の生活に、もっと関わってやるべきだった。それも後悔しているよ。」

しかし今のチャーリーは「前に向いて進むしかない」とポジティブに考えているのだそう。また子供達、元妻らも幸いなことにHIVは陰性。これまでに700人を超える女性と関係を持ったものの避妊には気を付けていたこともあり、チャーリーが知る限りは誰にも感染していないという。

ちなみにチャーリーはHIV公表を前に、一部事実を知る人々より数億円をゆすり取られたとのこと。そのため「チャーリーに子供達の養育費が払えるのか」「幼い子供達の心のケアは大丈夫なのか」と今後を心配する声は多い。

出典:https://www.instagram.com/charliesheen
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

Techinsight

「チャーリー・シーン」をもっと詳しく

「チャーリー・シーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ