『ファイナルファンタジーIX』アニメ化決定 ─ 8歳から13歳を対象とした子供向け作品に

6月22日(火)13時25分 THE RIVER

FF9

世界的人気ゲームファイナルファンタジー』シリーズ、『ファイナルファンタジーIX』のアニメ化作品が企画されていることがわかった。製作を担当するのは、フランス・パリのアニメーション会社「Cyber Group Studios」および、スクウェア・エニックスだKidscreenが報じている。

『ファイナルファンタジーIX』は、ナンバリングタイトルの9作目にあたる作品。主人公のジタンが、アレクサンドリア王国の王女を誘拐するところから物語が始まる。不思議な出会いから冒険に繰り出すことになった盗賊のジタン、王女のガーネット、騎士団のスタイナー、黒魔道士のビビらは、やがてクリスタルを巡る壮大な運命に巻き込まれていく。

序盤こそ穏やかな雰囲気で始まる『ファイナルファンタジーIX』だが、物語が進むにつれて、命の在り方や生きることの意味といった深く重い題材へと踏み込んでいくのが、本作の最大の特徴といえるだろう。「人を助けるのに理由が必要か?人が生きるのに理屈が必要か?」「生きてるってこと証明できなければ死んでしまっているのと同じなのかなぁ」など、作中に登場する台詞に心を奪われた人も多くいたに違いない。

とはいえ、同時に原点回帰作であるため、ファンタジー色や児童文学の要素が強いことも特徴のひとつ。そのため、このたびのアニメ化作品が対象としている、“8歳〜13歳”に相応しいタイトルともいえるだろう。なお本作の製作は、2021年末〜2022年初頭にも開始されるとのことだ。

Cyber Group StudiosのCEOであるピエール・シスマンは、「このゲームは、誰かと共に視聴する作品として大きな可能性を秘めている」と説明。また、『ファイナルファンタジーIX』のファンのためでなく、知らない人にとっても、「その世界に浸ることができて、その作品のことも好きになるでしょう」と述べている。

Source:Kidscreen


THE RIVER

「ファイナルファンタジー」をもっと詳しく

「ファイナルファンタジー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ