【インタビュー】ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」ドラマ初共演の伊野尾慧&神宮寺勇太、凸凹コンビ役で「イチャイチャしちゃってる(笑)」

6月22日(火)17時0分 エンタメOVO

「東海テレビ×WOWOW 共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」ヘアメーク:石井薫子(MARVEE)/スタイリスト:田中トモコ(HIKORA)

写真を拡大

 8月7日から、東海テレビ・フジテレビ系列で「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」の放送がスタートする。本作は、澤村御影の人気小説を原作に、怪異事件の謎解きを通して、人と人とのつながりを描く、少し怖くて、笑えて切ないヒューマンミステリーミステリー。主人公、民俗学を教える准教授・高槻彰良を演じる伊野尾慧と、高槻の助手として謎を解く大学生・尚哉を演じる神宮寺勇太に、初共演の感想や本作の見どころ、役作りについて聞いた。



−伊野尾さんは、本作が連ドラ単独初主演になります。意気込みを聞かせてください。

伊野尾 本当にありがたいことだと思います。今回は神宮寺くんもいるので、それほど大きなことだと捉えてはいませんが、責任感も生まれてきていますし、より良い作品が作れるように頑張りたいと思います。

−神宮寺さんは、本作への出演が決まってどんな気持ちでしたか。

神宮寺 映像のお芝居は久しぶりなので、いろいろなことを忘れているんじゃないかという不安はありました。ですが、お芝居の勉強はたくさんしたいと思っていたので、飛び上がるほどうれしかったです。

−すでに(取材当時)クランクインしているということですが、それぞれの役どころの印象と、現在、どのように演じているのかを教えてください。

伊野尾 僕が演じる高槻は、大学の先生なのですが、まず、大学の先生を演じることができるようになったことが感慨深いなと思いました。演じる上では、原作のファンの方も大勢いらっしゃる作品なので、もちろん、原作に寄り添いたいという思いはありつつも、原作を基に想像を膨らませている部分もあります。映像化した時に「こういう解釈になったんだ」と楽しんでもらえるように、いろいろと挑戦できたらと思います。でも、「先生」ですから大人っぽくしていきたいです。それから、人間との距離感をつかめていないというところも映像的に面白く見せられればいいなと思っています。

神宮寺 僕が演じる尚哉は、心の奥にある孤独を表現しなければならない、すごく難しい役だと、原作や台本を読んで感じていました。それと同時に、(最初から)孤独な人にはなりたくなくて…。あくまでも普通の大学生で、回を重ねるうちに、実は孤独を抱えていたということが出てくればといいなと思いました。クランクイン前からそういうことを考えて不安だったのですが、実際にクランクインしてからは、監督やいろいろな方たちのサポートもあり、だんだんと尚哉が(その時々で)どんな気持ちなのかが分かってくるようになりました。伊野尾くんとは、これまでほとんどお話ししたことがなかったのですが、(現場で)「先生」としていてくださるので、不安もなくなりました。気持ちも楽になって、いろいろなことを相談しながら、伸び伸びと演じることができています。

−今回がドラマ初共演となりますが、お互いの印象は?

伊野尾 後輩の子がバラエティーにゲストで来てくれることはありますが、ドラマでこれほどガッツリ共演するというのは初めてですし、今回は2人のシーンも非常に多いので新鮮です。それに、かわいくてしかたないんですよ(笑)。何げないことを言っただけで「伊野尾くんは頭いいんですね」ってすごく褒めてくれるんです。Hey! Say! JUMPにいたら誰も褒めてくれないから、気持ちがいい。ずっと続けばいいのに(笑)。

神宮寺 僕は、Hey! Say! JUMPさんのツアーに付かせていただいたことはあったのですが、(当時、自分は)中学生で、あまりメンバーの皆さんとお話しをする機会もなかったので、勝手に人見知りな方というイメージを持っていました。でも、実際は、めちゃくちゃ優しく話し掛けてくださるのでありがたかったです。伊野尾くんは、言葉の選び方が美しいんですよ。(伊野尾の言葉からは)キラキラしたきれいな漢字が見えるんです。この(撮影の)4カ月の間で、僕も少しでも頭が良くなれるように伊野尾くんから盗もうかなと思っています。

伊野尾 ほら、こんなに気持ちのいいことなんてないでしょ? Hey! Say! JUMPで取材してたら、こんな言葉は言われないもん(笑)。最高だよ。

−共演をしてみて、お互いに意外な一面はありましたか。

神宮寺 (撮影現場では)役でいる時間が長いので、伊野尾くんよりも「先生」との時間の方が長いんですが、だんだんと「先生」がトイプードルに見えてきました(笑)。紳士的な面と、近しい人に見せる人懐こい面のギャップがすごくて。ワンちゃんみたいなつぶらな瞳で見つめてくれるんで、時々、この作品はミステリーじゃなくてラブコメかなと思います(笑)。

伊野尾 そうなんだよね、イチャイチャしちゃってるんだよ(笑)。

神宮寺 そういうシーンを演じるのが僕は楽しいです。

伊野尾 (神宮寺とは)そもそもあまり話したことがなかったから、意外ということはなかったけど、King & Princeのことをテレビで見ていると神宮寺くんは真面目でしっかりしているイメージが強かったかな。でも、会ってみると、とにかくかわいくてしかたないんだけどね(笑)。

−改めて、本作の見どころを。

伊野尾 このドラマは高槻が怪異現象に対してのいろいろな解釈をドラマの中で見せていく物語です。もちろん、ミステリーとしても、謎解きとしても楽しめる作品になればいいなと思っています。今、まだ大変な毎日が続いていますが、このドラマが皆さんにとって、前向きに頑張ろうと思えるものになればいいなと思います。

神宮寺 僕と高槻先生の凸凹さに面白さを感じていただけるとうれしいです。伊野尾くんと僕という組み合わせも、普段は見られないので楽しんでいただけると思います。そして、ミステリーや怪異、ちょっとしたラブコメも入っているという、いろいろな要素のある作品なので、いろいろな目線で見ていただけると思います。このドラマを見て、楽しい明日を迎えてください。

(取材・文/嶋田真己)

 「東海テレビ×WOWOW 共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」は、8月7日から、毎週土曜午後11時40分に東海テレビ・フジテレビ系で放送。

エンタメOVO

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ